まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮崎
鶴田隆二

資金計画から家づくりまでサポートする住宅相談のプロ

鶴田隆二(つるたりゅうじ)

有限会社ライブライフ ※(住まいの窓口/わくわく保険)

コラム

住宅ローン選択時の金融機関の選び方・注意点

ファイナンシャルプランナー宮崎 鶴田

2017年10月13日 / 2018年9月18日更新

【住宅ローン選択時の金融機関の選び方・注意点】




住宅ローン商品は金融機関によって様々です。
金利はもちろんのこと、金利優遇幅、事務手数料・保証料・繰り上げ返済手数料などを考慮し総合的に判断しましょう。

【フラット35】
フラット35を選ぶ際は事務手数料に注目してみてください。
金融機関によって事務手数料は異なります。同じ金利で借り入れしても事務手数料が異なれば、総返済額も変わってきます。

【固定金利期間選択型】
金利の更新後の優遇幅に注目しましょう。
金利の優遇幅を理解するには、まずは住宅ローンの金利が決まる仕組みを理解する必要があります。
各金融機関は独自に【基準金利】というものを設定しています。
【基準金利】=【住宅ローン金利】ではありません。
金融機関との取引が親密であればある程【基準金利】から金利が優遇されます。【金利を下げてもらえる可能性】
例えば給与振り込み・公共料金・カードローンなどを、住宅ローンを借り入れする金融機関で設定した場合などです。
しかし、金融機関によっては金利の優遇幅が更新後に縮小されてしまうことがあります。
そうすると【基準金利】が変わっていなくても住宅ローンの金利が上がってしまします。
まとめると、優遇幅が縮小されにくい金融機関を選んだほうがよいでしょう。

上記のようなタイプの住宅ローンから選ぶだけでなく、さらに細かい部分を比較することが総支払額を抑えるテクニックになるかもしれません。
ただし住宅ローン商品は複雑ですから、住宅ローンに詳しい専門家などに相談することをお勧めします。

【住宅ローンご相談予約】
ご予約はコチラから ⇒ http://www.fp-sumai.jp/contact/
お電話でのお問い合わせ ⇒ 0120-61-8558

【第3回 宮崎キッズマネースクール】
http://www.fp-sumai.jp/705/
残り2組⇒(4名)

★住まいの窓口 宮崎店★
http://www.fp-sumai.jp/

★よくある質問★
http://www.fp-sumai.jp/sumainomadoguchi/faq/

この記事を書いたプロ

鶴田隆二

鶴田隆二(つるたりゅうじ)

鶴田隆二プロのその他のコンテンツ

Share

鶴田隆二のソーシャルメディア

twitter
Twitter
1970-01-01
facebook
Facebook