まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
倉本和幸

空調設備に情熱を注ぐプロ

倉本和幸(くらもとかずゆき)

株式会社京都設備

コラム

しゃべれるエンジニア

私の会社では、がんばってくれる空調エンジニアがいる。
そのエンジニアに問われる技術は2つある。

ひとつは、空調設備や関連設備に関する専門的技術。
これは事業の根幹に関わることなので、その役割を当たり前に果たさなければならない。

もうひとつは、しゃべれる技術と考えている。

皆さんは、エアコンの工事やメンテナンスの説明を専門業者から受けたとき、
その内容について理解・納得・安心できているだろうか?
また、よくわからないからといって業者任せにしてしていないだろうか?
仮に、業者任せにした場合、信用しても大丈夫なのだろうか?

このような不安を解決するのも、エンジニアが柔軟に対応しなければならない仕事だ。
お客様の疑問にちゃんと向き合って、ご納得いただける方法を見つけ出す。
これも全て、しゃべれる技術がないと解決しない。

では、しゃべれるにはどうしたらいいのか?

◎相手のいっておられることを、間違いなく理解することに努める。
◎専門用語を、相手にご理解いただけるコトバに変えていく。
◎相手の立場にもなって、ご安心いただけるよう真心込めて接する。

この3つを意識することが必要だ。

お客様のご要望に技術でもてなすことは当然!
そこにコトバでもてなす技術を付加価値として活躍している
弊社の「しゃべれるエンジニア」に今後もご期待を!


おこしやす!㈱京都設備のHPへ

エアコンの節電効果を上げる方法

この記事を書いたプロ

倉本和幸

倉本和幸(くらもとかずゆき)

倉本和幸プロのその他のコンテンツ

Share

倉本和幸プロのその他のコンテンツ