まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
饗庭多嘉男

住み心地を高める建築のプロ

饗庭多嘉男(あいばたかお)

有限会社アイバ工務店

コラム

トイレリフォーム:バリアフリー化を念頭に

毎日使うトイレを快適な空間に

滞在時間は短いけれど毎日使うトイレは、暮らしの豊かさを左右する重要なポイントでもあります。リフォームを機会に、快適な空間に生まれ変わらせませんか。

トイレは、設備面での交換時期は10年~20年ほどの間ですが、リフォームの理由は耐久性ばかりではなく、狭い、暗い、寒いなどの環境の問題であったり、バリアフリー化であったりします。

また設備機器はいろんな面で進化していますので、新しい機能のついた製品に取り替えることによって、暮らしがより快適で便利になります。「暮らしを変えたいな」と思った時が、リフォームの時期かもしれません。

将来を見据えたバリアフリーのトイレ

トイレのリフォームで多いのがバリアフリー化です。将来のライフスタイルを考えて、必要になる前に対策を取られる方もいらっしゃいます。

それでは、バリアフリー化のためには、どのようなリフォームが必要でしょうか?

まず、排泄行為の自立は人間の尊厳にかかわることですので、介護が必要になった場合でもなるべく一人で行えるよう、トイレまでの経路にも手すりをつけることをおすすめします。

次に、介護する人が入ることができるようなスペースがあるでしょうか?

広げられる場合は良いのですが、余分なスペースがなければ、別々に設けている洗面所と一体化させることも一案です。

出入口は開閉がしやすい「引き戸」が便利ですが、不可能な場合は「引き込み戸」を検討してみましょう。手すりは便座から立ち上がったり、身体の向きを変えたりするときに支えられる位置に設けます。手すりの設置には、壁の補強が必要となる場合もあります。また便座もバリアフリーに対応したいろいろな製品が販売されていますので、私ども専門家とともに選んでいきましょう。

収納スペースもさらに広く確保

介護が必要になると、トイレにストックしたいものも増えてきますので、収納スペースもしっかりと確保しておきたいものです。

収納家具を設置すると、窮屈になってしまいますので、壁の厚みを利用した埋め込み式の棚や、便器の上に吊戸棚を設けるなど、デッドスペースを生かす工夫をしましょう。タンクレストイレを採用すると、その分、収納スペースをとることが可能となります。カウンタータイプの手洗い器なら、下部に収納スペースを確保できます。

また。狭い空間をスッキリ広く見せるためには工夫が必要です。特に床には物を置かないほうが見た目にも、使いやすさの面でも、快適な空間となります。

この記事を書いたプロ

饗庭多嘉男

饗庭多嘉男(あいばたかお)

饗庭多嘉男プロのその他のコンテンツ

Share

饗庭多嘉男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-575-3633

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

饗庭多嘉男

有限会社アイバ工務店

担当饗庭多嘉男(あいばたかお)

地図・アクセス

饗庭多嘉男プロのその他のコンテンツ