マイベストプロ神奈川
篠田啓彦

国語力と誉め育てで中学、高校受験合格に導く学習塾

篠田啓彦(しのだひろひこ)

学習塾ペガサス 横浜六角橋教室

お電話での
お問い合わせ
045-534-7654

コラム

国語力の主軸は・・・“換言力”だ!!

2016年5月26日 公開 / 2018年12月20日更新

テーマ:国語

皆さん、こんにちは!
学習塾ペガサス 横浜六角橋教室の
代表/進学・学習アドバイザーの篠田です。

暑い日々が続いています。
もう夏ですね。
皆さんお元気ですか?
私は相変わらず元気です(笑)。


物語文の読解問題


さて、今日は
「国語力の主軸は・・・“換言力”だ!!」
についてお話をさせていただきます。


“国語力の主軸”を理解できていないため、
国語の成績・学力が上がらないとお子さんが
結構いらっしゃいます。


読解問題を解く場合、

選択肢の問題のときは
「感覚的に合致するもの」
「道徳的に合うもの」
を選ぶ。

そして、記述問題のときは、
よくわからないから最初からあきらめる。

これではなかなか国語の成績や学力が上がらないことが
ご理解いただけると思います。


国語の読解問題の目的は以下になります。

「筆者・作者」の言いたいことを
「受験生」が本当に理解できたかを確かめるために、

「作問者(問題を作成している先生)」が
「受験生」に受け止めた内容を
別の表現で“言い換え”なさいと質問をしている。

これを“換言力”と言います。
※私のみが言っている言葉ですm(__)m。


例えば、

■「70字以内で説明しなさい。」とは、
 筆者の言いたいことを“言い換え(換言)”て、
 要約する力を試す問題になります。

■「20以内で抜き出しなさい。」とは、
 筆者が“言い換え(換言)”ている部分があるから、
 それを文章中から見つける問題です。

■「次の選択肢から最も正しいと思われるものを選びなさい。」とは、
 “言い換え(換言)”られた選択肢の中から
 筆者の言いたいことと合致している選択肢を見つける問題です。


“換言力”をしっかり理解して
問題を解く練習をすると徐々に力がついてきます。

この“換言力”がしっかりと身につけば、
9割程度の問題は解けると考えています。

参考にしてください!

子育ての悩みも解消できる進学塾
白楽・岸根公園・六角橋の地域No1国語力強化塾
学習塾ペガサス 横浜六角橋教室

TEL 045-534-7654
E-Mail pegasus-yk6kakubashi@s.email.ne.jp

「学習塾ペガサス 横浜六角橋教室」のホームページ

この記事を書いたプロ

篠田啓彦

国語力と誉め育てで中学、高校受験合格に導く学習塾

篠田啓彦(学習塾ペガサス 横浜六角橋教室)

Share
関連するコラム