マイベストプロ石川
  1. 不妊症対応薬局?そんな看板は出した覚えもないですが・・。
笠原友子

栄養と漢方で糖尿病を健康に導くプロ

笠原友子(かさはらともこ) / 薬剤師

笠原健招堂薬局(有限会社笠原)

お電話での
お問い合わせ
0767-42-2606

コラム

不妊症対応薬局?そんな看板は出した覚えもないですが・・。

2020年6月24日 公開 / 2020年7月1日更新

テーマ:薬局店頭相談

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

コラムキーワード: 不妊鍼灸漢方薬 効果東洋医学

子育て世代の健康を考えるまちかど糖尿病指導薬剤師の笠原友子です。

不妊症対応薬局?

そんな看板出した覚えもないですが、
人づてで、次々に来店があります。

それも、先進医療で行き詰った方々が来られます。
職種で言うと、看護師さんなど医療関係者、学校の先生、一般職の順に多いです。

「ここで、不妊対策は人生最後にします。」
そう言って、来られます。

何も特別なことはしませんし、できません。
薬局ですから。

当薬局は開業以来、スタッフとその家族も含めて次々に妊娠し
人手不足が続いています。
(おかげで太れない。。。)

奥さまが一人で相談に来られることが多いですが、
うちではほとんどの場合、後でご主人の単独呼び出しがあります。

妊娠の責任は、あくまで50:50
大概の場合、一生懸命不妊治療に悩んでいる奥さまの横で
旦那が良からぬ生活習慣で足を引っ張っています。

きっちり釘を刺します。

うちが観光地でよかった!
ドライブ気分半分に、来店いただき
心を入れ替えてお帰りいただきます。

それだけではありません。
奥さまの方に、自分のからだへの無関心があります。

いつのころからか、誰がそうしたのか
「赤ちゃんは病院で作るもの」
そんな認識を持つ方が、高確率でおられます。
赤ちゃんは、ご夫婦の結晶でしょ。

遠くて近道と考えて
妊娠しやすい体つくりから始めます。

そのせいかどうか、めでたく妊娠します。

無事出産の報を受けるのは、
ほんとうに我が事のように、うれしいものです。
薬局薬剤師で、良かった!

笠原健招堂薬局では体調を確認した上で対応しています。
ご相談→ご予約・お問い合わせ
HPは→笠原健招堂薬局
高血糖でお困りの方へ⇒糖尿病は栄養をとれば健康に戻る

この記事を書いたプロ

笠原友子

栄養と漢方で糖尿病を健康に導くプロ

笠原友子(笠原健招堂薬局(有限会社笠原))

Share

関連するコラム