マイベストプロ千葉

コラム

英検1級道場-岩盤浴-健康維持のために--7年前のことを思い出します

2021年11月4日 公開 / 2021年11月11日更新

テーマ:その他、番外

コラムカテゴリ:スクール・習い事



私は、英検1級道場で年間2000時間のレッスンと、それにかかわる事務連絡などでさらに400時間近くを費やしています。
朝7時から夜11時半まで、土日も休むことなく開店しています。

そのような生活をしながら、(それを可能にするために)日々、隙間時間を利用して、健康維持・増進に努めています。
私が健康でいてこそ、パワフルなレッスンが可能になるわけです。

最近、下記の記事を出し、このような日常活動を紹介しています。
https://mbp-japan.com/chiba/eiken/column/5095574/

今日は、珍しく、まとまった時間がとれたので、岩盤浴・ジャグジーで汗を流してきました。
岩盤浴しながら思い出したことがあります。

私は、2016年11月1日に、末期すい臓がんの妻を失いました。

2014年6月19日、市の検診でがんが見つかり、ステージⅣBでした。
ステージⅣBは、他の臓器への転移を伴う、末期段階です。
外科手術ができない場所だったので、標準的な化学療法-抗がん剤を使ったのですが、副作用が強く、本人はすっかり諦めてしまい、死を覚悟するに至りました。




そんなとき、病院で他の患者の家族が話をしているのを聞きつけ、気晴らしを兼ね、藁をもつかむ気持ちで、車いすに乗せて秋田の山中まで出かけました。
「玉川温泉」という「現代医学に見捨てられた末期がん患者が最後に行き着く」温泉に連れて行ったのです。

2014年10月22日に秋田新幹線で移動し、タクシーで40分の道のりを移動しました。
全山、満開の紅葉でした。


そこに2泊したのですが、24日帰宅するときには、すっかり元気になっていました。
何百人という患者が「生きよう」として苦闘している姿に接し、自分も可能性にかけてみようという「生きる勇気」が沸いたようでした。

すい臓がんは、5年生存率が10%以下というデータがありました。
私たちは、その10%に挑戦することを誓いました。

ここには、微量の硫化水素が湧き出る、「地獄」と呼ばれる谷があり、患者がゴザを敷いて岩盤浴をしています。
また、微量の放射線が出ている模様であり、その効能もあるようでした。




その後、「現代医学の最先端治療」、「自然治療」を含めて、できることはやりつくしましたが、まさに、矢尽き、刀折れる形で、2016年11月1日に逝ってしまいました。
私は、その時に誓いました。
二人分、健康で長生きし、お世話になった世間の皆様の役に立つことを。

この間の経緯は、下記のブログに詳述しています
2014/12から3年分あります
お時間があるときにご覧ください。
https://ameblo.jp/brainandmind-dahnyoga/entry-12476586139.html

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(英検一級道場)

Share

関連するコラム

山中昇プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-7801-8405

 

受講者、受講希望の皆様のために公開しています
業者の皆様へのお願い:売込みはご遠慮ください、メールなら構いません

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山中昇

英検一級道場

担当山中昇(やまなかのぼる)

地図・アクセス