まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(やまなかのぼる)

英検一級道場

コラム

英検1級道場-2016-2の1級リスニングパート①10問のうち8問は過去問と同一です

英検の試験に関する情報

2016年10月11日 / 2018年10月23日更新


2015-1からパート①の大半は過去問と同一


私は、過去15年分の過去問をデータベース化しています
ですから、過去問と同一問題があれば、瞬時に分かります

2015-1から1級リスニングのパート①は大半が過去問のあちこちから抜いて問題を作るようになりました
今回も10問中8問が過去問とそっくりそのまま同じです
放送内容も設問も同一です

2016-2の試験では、2004-1、2007-3、2009-1、2010-2、2011-1、2011-2から1問ずつ、2008-3から2問出題されました
何番の問題だったかも瞬時にわかります

2問がデータベースで検索できないので、オリジナルか、どこかほかの処から(英検対策参考書や問題集など)引っ張りだしてきたのかもしれません

これでは、2015-1からつまみ食いされた問題を拾ってデータ分析しておけば、次にどれが出るかある程度予想でき、問題によっては、放送を聞く前に正解がわかってしまうことにつながります
質の高い出題をする英検にしてはお粗末だと思います

2004-1から年3回、10問ずつ作ってきたので、2014-3で330問作っており、さすがに種切れになって、2015-1から過去問をつまみ食いするようになったのだと想像しますが、設問を変えるなり、選択肢を変えることだけでもすべきだと思います
例えば、二人の会話で過去問が「男はどうするつもりか?」を 「女はどう言ったか?」に変えるだけでいいのです

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

山中昇(やまなかのぼる)

山中昇プロのその他のコンテンツ

Share