まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(やまなかのぼる)

英検一級道場

コラム

英検1級道場-過去問の勉強が有効です 英検1級リスニングパート①

レッスン内容

2015年5月18日 / 2018年8月11日更新



英検1級リスニング問題のパート①は会話であり、毎回10問出題される

2004-1に、試験問題がリニューアルされてから11年、33回経過する

2014-1から、過去問が使いまわされるようになった
これは、2013-3でリニューアルから30回(300問)経過し、英検も、新規の問題作成が難しくなったことを示すのだろう

2014-1:
5、6、7、8番まで4問が、2005-2~2009-2の出題問題(12回、120問)からそっくりそのまま出されている(一部、アナウンサーだけが変わっているが、設問も含めて同一問題)

2014-2:
3、5、6、7番まで4問が、2006-1~2008-2の出題問題(8回、80問)からそっくりそのまま出されている(一部、アナウンサーだけが変わっているが、設問も含めて同一問題)

2014-3:
2から8番まで7問が、2005-2~2009-2の出題問題(12回、120問)からそっくりそのまま出ている(一部、アナウンサーだけが変わっているが、設問も含めて同一問題)

どの回の何番が出たかもわかっており、受講者には報せてある
また、受講者には、音源と、独自に作ったスクリプトを送り、徹底的に学習させている

2015-1も同じ傾向だと予想するが、いずれにしても、英検1級リスニングパート①の勝利の方程式は、過去問の研究だ

因みに、パート②、③、④は、同じ問題は出ていないし、今後もそれが続くと思うが、話の内容は似たり寄ったりであり、いわゆる、焼き直しの問題が大半だ

だから、リスニングは、パート①、②、③、④すべての過去問を徹底的に研究することが、高得点への近道だ

また、英検のリスニング問題のスクリプトは、リーディングで使っても高度な教材となりうるので、リスニングとリーディングを一緒に鍛えるのが効果的だ

英検1級合格のためだけでなく、リスニングとリーディングで盤石の基礎固めをしたい人は、英検1級道場を訪ねてほしい
道場には、1級合格者多数が、さらなる向上を目指して集まっています

hf9n-ymnk@asahi-net.or.jp
英検1級道場
山中昇

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

山中昇(やまなかのぼる)

山中昇プロのその他のコンテンツ

Share