まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

これからの雨漏り①~通りすがりの家で

雨漏り

2018年9月25日

数ヶ月前に、通りがかりに見た家で雨漏りの修理をしていました。朝から足場を架け、二階のサッシの前に2,3人がいて修理していました。窓のシーリング材を直していたようです。シーリング材の打ち直しと判断した理由は、夕方には足場は撤去してありましたから、簡単な工事だったと思われるからです。

この家は大手メーカーの住宅で新築工事中も見たことがあります。ハッキリと時期を覚えていませんが、築10年経っていないと思います。サッシと外壁の間のシーリング材が劣化して10年経たないうちに雨漏りしたのだと思います。

これからの雨漏り①

この家の屋根は、一部は三角屋根ですが、雨が漏った窓の屋根はパラペット式で軒なし、窓上に庇もなく南側の外壁で日当たりバツグン、つまり雨ざらし日ざらしの環境です。

シーリング材は直射日光と雨に当たり、毎日、温度差で伸び縮みを繰返したため早く劣化したのだと考えられます。もしも、庇や軒があれば、日も雨も直接当たらないため温度変化が少なくなり、シーリング材の伸び縮みが抑えられるため、10年に満たない内に雨漏りしなかったと思われます。

また、多くの住宅メーカーでは、現場作業を減らすためか市販されているような不定形のコーキング材を充填するのではなく、成型のゴムのような材料を使用しています。不定形のシーリング材は硬化するまでに時間はかかりますが、キチンとした施工すれば密着します。あくまで私の想像ですが不定形に比べ定型のシーリング材はサイディングやサッシとの密着が甘いのではないかと考えています。密着が悪ければ、少しのすき間で雨水が入ると思われます。

次回は、『これからの雨漏り②~シーリング材の寿命を考えると 』です。


---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

鈴木敏広(すずきとしひろ)

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ