まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

これからの雨漏り②~シーリング材の寿命を考えると

雨漏り

2018年9月28日

コラム「軒のない家」(コラム;「軒のない家」 参照 )に書いたように軒が出ていない家は日本の気候に合っていません。日本の雨の降り方は時期によっては短時間に集中的に降りますから(コラム;「雨漏り⑥」 参照 )、平均降水量で考えてもダメなのです。集中して大量に降るときの雨を基準で考えないといけません。」

庇や軒があれば風向きが悪い場合しか雨は漏りません。風向きが変われば雨が掛からなくなるため、雨漏りしても一時的です。

最近は、窯業系のサイディングとアルミサッシを使用している家がほとんどです。サッシとサイディングの境は必ずシーリング材を使用します。シーリング材の寿命を延ばそうとすれば、軒や庇で温度変化を減らし、雨が直接当たらないようにすべきなのです。

①のような場合、短時間に大量に雨降ると、降る雨や壁を伝わる雨がって雨がサッシの上場から流れ落ちるより溜まってしまいます。溜まれば針よりも小さな穴でもどんどん入って行きます。水が溜まり、すぐに流れない場所は大雨で量が多いと簡単に漏るようになるのです。

これからの雨漏り②

次回は、『これからの雨漏り③~異種材の間で 』です。


---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

鈴木敏広(すずきとしひろ)

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ