マイベストプロ山梨
  1. 日本人は食事で十分砂糖をとっている?暑くなる時期こそ要注意!糖分の過剰摂取にご注意を!
早川弘太

漢方と健康相談のプロ

早川弘太(はやかわこうた) / 販売職

株式会社 沢田屋薬局

お電話での
お問い合わせ
055-262-2030

コラム

日本人は食事で十分砂糖をとっている?暑くなる時期こそ要注意!糖分の過剰摂取にご注意を!

2020年6月2日 公開 / 2020年7月10日更新

テーマ:食事と健康

コラムカテゴリ:美容・健康





どうも!

今日は友人のTwitterで知ったのですが、アントニオ猪木がハルク・ホーガンにアックスボンバーで倒された日だそうです。

猪木がハルク・ホーガンのアックスボンバーによりあの有名な

『 舌出し失神事件』に 追い込まれた日ということです。

ハルク・ホーガンと聞いて、子供の頃コミックボンボンで連載されていた

『 やっぱ!アホーガンよ!』

というハルクホーガンをモチーフにしたギャグ漫画が連載されていたことを思い出しました。

今考えるとすごいことですよね。

さわたや薬房の早川です。

コミックボンボンといえばプラモ狂四郎ですよね。わからない人は本当にごめんなさい。


ガンダムのプラモデル、 いわゆるガンプラですがめちゃめちゃが流行りましたよね。三十代後半から40代ぐらいまでの人はガンプラと聞けば大体心がときめくものです。

さて今日は、ハルク・ホーガンにもガンプラにも全く関係ない話題をテーマにしたいと思っています。

5月末から気温がぐんぐん上昇してきております。今年の夏もかなりの猛暑が予想されております。

ここ数年冷夏だった記憶があまりないぐらい毎年猛暑続きのような気がします。

猛暑になると販売数量が上がるのがみんな大好きなアイスやジュースです。

実は夏場は糖分の摂りすぎに非常に注意が必要な時期でもあります。

今回は『日本人は食事で十分糖分をとっている?暑くなる時期こそ要注意!糖分の過剰摂取にご注意を!』というテーマでお届けいたします。

☆夏に糖分摂り過ぎる理由とは?

さて、改めて気温は上昇してくる時期に注意したい食養生があります。 それが糖分の過剰摂取です。

今更ですが現在は飽食の時代で、 僕たちは手軽に様々な物を食べることができます。

その中で問題になってることの一つが糖分の過剰摂取です。

冒頭お話しした、アイスクリームやジュースはもちろん、甘いお菓子類が今はちょっと手を伸ばせばすぐに手に入ります。

また、 気温が上がってくると美味しくなってくるものが果物です。

僕が住む山梨県はフルーツ王国で桃やぶどう、さくらんぼなど様々な果物が収穫されて僕たちを楽しませてくれます。

そんなおいしい果物ですが、白糖などと比べると糖分の質はもちろん良いのですが食べ過ぎてしまうと過剰摂取になることに違いはありません。

暑い夏でジュースやアイス果物などを摂りすぎると体調を崩してしまう大きな原因となります。どんな症状に注意が必要か?ということな後ほどお伝え致します。


また夏場に糖分が増えすぎてしまう原因にはアイスやジュース果物など、 いわゆるデザート系ばかりに問題があるわけではありません。

夏によく食べる『そうめん』などの麺類。市販の麺つゆやだし醤油にはかなり糖分が多く含まれてるものが多いのです。

また麺類自体が糖質が多いので気をつけないと糖分の過剰摂取にもつながりやすくなります。

☆もともと日本人は糖分を過剰摂取に注意しなければいけない食文化

僕たちが糖分の過剰摂取に気をつけなければいけない理由は他にももちろんあります。

これは日本の食文化とも大きな繋がりがあることです。

実は日本人は世界でも稀に見るぐらい料理に砂糖を使う国と言われています。

もちろん他の国でも調味料として砂糖を使う国はありますが、特に欧米などに比べると味付に砂糖を好んで使うと言われています。

昔は砂糖が貴重品だったので、 おもてなしの料理や、晴れの日の料理には砂糖をたくさん使うという文化があったからかもしれません。

お正月に食べるおせち料理などはよく見てみると味付けに砂糖をたくさん使いますよね。

普段食べる煮物などにも味付けでやはり砂糖がたくさん使われます。これは地域によってちょっと異なるかもしれませんね。

そして、みんなが大好きなお寿司の酢飯。

お寿司を食べ過ぎると太りやすいなんて言われる理由の一つは、酢飯を作る時に美味しくするためにたくさんの砂糖を使っているからとも言われています。

大前提として、 味付けに砂糖を使うことがいいとか悪いとかという問題ではありません。

砂糖を味付けに使うことは和食の大事な文化だと思いますのでそれはそれで一向に構わないと思います。

僕達に注意が必要なのは『 元々料理にたくさんの砂糖を使っているんだ』 ということも知っておくということです。

☆ デザートが発達したのは元々砂糖を使っていなかったから

欧米はデザートの文化が非常に発達していますよね。 美味しいチョコレートやクッキーなど、 デザートが美味しい国はヨーロッパが多いと思います。

諸説あるのですが一説には、 ヨーロッパの料理は調味料に砂糖をあまり使わなかったため、糖分補給として食後のデザート文化が発達した、という説もあります。

なので、 もともと普通に食事をとるだけである程度の糖分補給ができている僕たち日本人には、 それ以上に糖分を摂りすぎるということは体にとってマイナスになってしまう場合が多いと思います。

☆糖分の過剰摂取は様々な不調の原因に

糖分は脳の唯一のエネルギー源であり、 筋肉を維持するためにも非常に重要な栄養素です。足りなくなってしまうと低血糖のとなり、極端な話ですが命にも関わります。

しっかりと補給しておくことが大事なのですが、 過剰摂取は糖尿病をはじめいろいろな生活習慣病を招いてしまいます。

糖尿病自体が毛細血管の血流を悪くするのであらゆる病気の原因になりえます。

それ以外でも糖分を過剰摂取することにより気をつけたいことがあります。

それが新型栄養失調でも注目をされている『 カルシウムの不足』につながるからです。

カルシウムの不足で体にどういうことが起こるかというお話は以前も別のコラムでくれたことがありますので詳しくはそちらをご覧になっていただけたらと思います。

https://note.com/sawataya/n/n4336d5465be9


ここでお伝えしたいのは糖分を過剰摂取することでカルシウムが不足し結果的に精神的な不調にまで影響が及ぶ可能性があるということです。

カルシウムが細胞の中に取り込まれることによりノルアドレナリンやアセチルコリンなどの神経伝達物質が放出されます。

脳神経細胞内に十分なカルシウムの量があれば少々のストレスがかかっても精神的な動揺や興奮状態が起きにくいと考えられています。

日頃から糖分の過剰摂取をしていると、上がった血糖値を下げるためにインスリンが分泌されますが、この時インスリンを分泌するためのスイッチをカルシウムがをしているのです。

糖質をとる→血糖値が上がる→カルシウムがスイッチを押す→インスリンの分泌

この流れによりカルシウムがどんどん消費されてしまい骨や歯の弱りはもちろん、皮膚や粘膜の弱りにもつながったり、先ほどもご紹介したような体の仕組みで神経の不調にまで及んでしまえば様々な症状が体の中で起こりうるのです。

このように糖分の摂り過ぎは太ったりするだけでなく、あらゆる病気の源になる可能性がありますので、これからの季節特にジュースやアイスなど過剰に摂ることは注意しましょう。

☆甘いものは嗜好品『ご褒美フード』として活用を

今回は気温が上がってくる季節、糖分を過剰摂取しやすくなるので注意が必要です、という内容でお伝えしました。

元々砂糖などをたくさん使っている甘い食べ物というものは前にもお伝えした通り、 晴れの日の食べ物であり特別な食べ物でした。

それが今は日常的に食べられるようになったという事は素晴らしい事なのですが、非日常の食品を日常的に食べるということが体にとって負担になるということをぜひ覚えておきましょう。

『甘いものは食べちゃダメ!』ということではありません。

僕は基本的に『あれダメ!』『これダメ!』というマイナスの健康法はあまり好きではありません。

甘いものも同じです。甘いジュースやアイスお菓子などは自分へのご褒美としてたまに食べるぶんにはストレスの解消にもなるし悪いことではありません。

それを食事の代わりに食べたり、 日常的な食品にしてしまうことには注意が必要です。

お酒でもスナック菓子でも体にとってプラスでないことは間違いないのですが、使い方さえ間違えなければ嗜好品として生活を豊かにしてくれる部分もありますので、甘いものも同じように注意しながら上手に活用していきましょう。

今回は『日本人は食事で十分糖分をとっている?暑くなる時期こそ要注意!糖分の過剰摂取にご注意を!』というテーマでお届けいたしました。

☆さわたや漢方アカデミー『オンラインセミナー』のご案内
6月25日(木)20時〜21時30分(予定)

テーマ『梅雨ダル&夏バテ対策養生法』

6月のオンライン養生セミナーはジメジメしてくる時期の養生法、真夏に夏バテ等、体調を崩さないための養生法をお伝え致します。

Zoomを利用したオンラインセミナーで僕のお話をリアルタイムで直接お聞きいただけます。
当日は質疑応答もございますので、お気軽にご参加ください。

参加費は1,000円で申込は下記のリンクよりセミナー申込専用HPからお願い致します。

(上記セミナー終了後も最新のオンラインセミナー開催の場合はこちらからお申し込みいただけます)

https://sawataya.official.ec


☆中医学の知恵と創業240年の知恵を結集して早川コータが考案したオリジナル養生茶
『さわたや養生茶シリーズ』
オンラインショップで好評発売中

https://sawataya.raku-uru.jp


僕との漢方相談・健康相談ご希望の方はお気軽にご連絡ください。
遠方の方もzoomやSkype・メール・お電話での遠隔相談も行っておりますのでお気軽にご相談ください。


早川コータの漢方専科・さわたや薬房HP

http://www.sawataya.com


問い合わせ・予約申し込みフォーム

https://mbp-japan.com/yamanashi/sawataya/inquiry/personal/


お薬不要のカウンセリング・健康相談がご希望の方はこちらの専用サイトよりお申し込みください。

https://sawataya.official.ec

◆早川コータがお伝えする各種養生情報

☆音声のみで養生法を聴いていただけます〜You Tube『コータの養生チャンネル』

https://www.youtube.com/channel/UCe0GXMenFOWsk5CJnZCpEGw


☆インターネットラジオ 最新エピソード毎日配信中 Spotify podcast 「コータの養生チャンネル」

https://open.spotify.com/show/3lnveQxLCKF5U8jvULFnD1?si=Ntz-CqvXTKKJpupkZHwLiQ


iTunes podcastはこちらから

https://podcasts.apple.com/jp/podcast/%E5%BF%83%E3%81%A8%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%80%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%81%AE%E9%A4%8A%E7%94%9F%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB/id1495641048

☆早川コータ&ましもやすおがお届けするYouTube番組
『癒やしていいとも!』毎週金曜日更新中(こちらは画像入りの動画番組です)

https://www.youtube.com/channel/UCnlP3aqPjvoOUAnn4ktLEdg


☆Twitter『ほぼ』毎日更新中

https://twitter.com/sawatayaph


☆早川コータInstagram インスタでも健康情報をお伝えしてます〜

https://www.instagram.com/kota_sawataya/


☆漢方&健康コラム:noteにて配信中

https://note.com/sawataya

この記事を書いたプロ

早川弘太

漢方と健康相談のプロ

早川弘太(株式会社 沢田屋薬局)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

早川弘太プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
055-262-2030

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

早川弘太

株式会社 沢田屋薬局

担当早川弘太(はやかわこうた)

地図・アクセス