まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山梨
早川弘太

漢方と健康相談のプロ

早川弘太(はやかわこうた)

株式会社 沢田屋薬局

コラム

体の老化=毛細血管の劣化?!毛細血管を減らさない方法とは?【山梨 漢方 さわたや薬局】

血流改善

2017年12月11日 / 2018年10月11日更新

カラダの老化=毛細血管の老化?


毛細血管は全身の血管の99%を占め、酸素と栄養を体のすみずみまで送り届ける大切な働きをもっています。当然ですが、皮膚に酸素や栄養が届かなければ、スキンケアの時にお話をしましたが、シミ・シワなどお肌のトラブルの一因になります。

肌に血液行かないとシミやシワ・内臓に行かないと・・・


また、肝臓や肺など、臓器の毛細血管が減れば、様々な機能低下や病気が起こる可能性もあります。

年をとるほどお酒が弱くなったりするのは、毛細血管の減少が要因のひとつと考えられるようになっています。毛細血管の劣化、侮ってはいけません!

毛細血管の劣化を防ぎたい!どうすれば・・・


このような話を聞いたら、どんな人でも『毛細血管の減少や劣化を防ぎたい!なんとか復活させたい!』そう思いますよね。では、毛細血管を減らさない方法は何だと思いますか?
毛細血管の減少や劣化を防ぎたい!


なんとか復活させたい!今日のお話を聞いた方ならみんながそう思うはずです。そんな願いに答えるカギは『血流アップ』です。

毛細血管の劣化を防ぐ方法は『血流アップ』



血流アップ漠然と言われてもピンと来ないかもしれませんが、その理由は、実は毛細血管は、年齢とともに細胞同士の『接着』が甘くなってしまいます。血管の細胞同士の接着が甘くなるので、当然ですが、血液が途中で漏れ出してしまい、毛細血管の劣化を引き起こします。

しかし、日頃から充分な血流があると細胞がお互いにくっつきあって、血液の漏れを防ぎ、健康な毛細血管を作ってくれるのです。


血行不良を中医学では『お血』と言います


では大切な毛細血管を減少させる原因となる血行不良ですが、今回は中医学のとっても大切な考え方である『お血』という考え方でその原因と対策を考えてみたいと思います。

西洋医学は良い意味で、血行不良があれば、血液の状態、血管などその場所を検査でしらべて治療をしていきます。そしてとりあえず血管を拡張させたり、血圧を下げたりして一定の血流を保つようにします。これもとっても大切な方法なんですが、中医学ではまったく別で、血行不良になってしまったその方のカラダの弱いところを強くしたり、悪い血流を作っているカラダ全体の状態の改善に重きをおいているのです。

お血とは一言で言えば血液の流れが悪くなった状態で血液が滞ったり、固まりやすくなった血液のことを中医学ではお血というのです。

次回はこの『お血』について詳しくお届けします。
血流に関する健康コラムはこちらから

ご相談のご予約、講演や執筆のご依頼、僕のお店の詳しい情報はHPをご覧くださいね(*^^*)漢方相談の初回は必ずご遠方でもご来店をお願いしております。

http://www.sawataya.com

僕の健康コラムはこちらから山梨日日新聞社マイベストプロ山梨HPに掲載されています(*^^*)
http://mbp-yamanashi.com/sawataya/column/

相談のご予約はさわたや薬局のLINE@をご利用ください\(^o^)/
http://line.naver.jp/ti/p/@sawataya


この記事を書いたプロ

早川弘太

早川弘太(はやかわこうた)

早川弘太プロのその他のコンテンツ

Share

早川弘太のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-10-18
rss
ブログ
2018-10-18
facebook
Facebook

早川弘太プロのその他のコンテンツ