マイベストプロ山形
今田早百合

「運ぶ」仕事を全面支援する運輸関係許認可のプロ

今田早百合(こんたさゆり) / 行政書士

行政書士法人ワンチーム

お電話での
お問い合わせ
023-631-6305

コラム

ポールトレーラの緩和申請410

2021年9月9日

テーマ:保安基準緩和トレーラ

コラムカテゴリ:法律関連

ポールトレーラは例えば長さで18mとかで緩和認定をいただいたら、その後22mのものを運びたいなと思ったら、新たな緩和申請ということになります。
ポールについては私もよくわからないところがあるのですが、局ごとに扱いが違うように思われます。
今日もこれからご相談あるとのことで出張するのですが、きちんと打ち合わせをしなければいけないなと思います。
積んだ時に前に何m、後に何mでるとか、その際にどれくらいの積載が取れるのか等はその長さにより計算してみないとわからないので、難しいところです。
橋げたなどは1本で輸送できますが、H鋼等は重ねて結束してすることにより強度が増し、安定して輸送できるという考え方です。
品目を細かく出して、申請するやり方や、1品目で申請したりとか、輸送の実態に応じて申請書類も作成しなければありません。



HPはこちらから
https://www.1team-y.com/

この記事を書いたプロ

今田早百合

「運ぶ」仕事を全面支援する運輸関係許認可のプロ

今田早百合(行政書士法人ワンチーム)

Share

関連するコラム

今田早百合プロのコンテンツ