まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山形
今田早百合

「運ぶ」仕事を全面支援する運輸関係許認可のプロ

今田早百合(こんたさゆり)

今田早百合行政書士事務所

お電話での
お問い合わせ
023-631-6305

今田早百合プロのコラム一覧:保安基準緩和期限

 焦りました、期限前1月を切っての申請が新規になってしまった! 昨日関東運輸局に継続緩和の申請に行ったのですが、諸事情があり、7月22日が継続緩和の期限だったのですが、申請が7月10日になりました。審査が進んで、ヒヤリングも無事終わりという段階になって1月を切っているという...

 緑色回転灯は誘導車、トラクタつけられます 連結した全長が16.5m超、又は車の幅が3m超のトレーラであればトラクタ又はその誘導車に保安基準緩和の認定を取れば緑色の回転灯を4個までつけることが出来ます。 個数の制限がなくなった 個数の制限や、又誘導車の会社との契約があ...

 単体物を輸送するセミトレーラ等には期限があります 何度もこのコラムで書いていますが、超重量や長大物で分割不可能な単体物、たとえば建設機械やクレーンのブーム等です。それらを輸送するには基準緩和を受けた幅が2.5mを超えたり、車輌総重量が36トンを超えたりする車輌が必要とな...

 車検証に期限が書いてある 車検証の備考欄に期限が書いてあります。基本的には車検の満了日から1年なので、緩和認定してもらってからほぼ2年毎にあります。 申請は車の登録した支局、検査場等か運輸局 山形ナンバーなら山形運輸支局、庄内ナンバーなら庄内検査場、東北運輸局で...

 継続緩和とは 超重量又は長大な物の輸送に使用するセミトレーラやポールトレーラを会社で買いたいと思っても、運輸局に保安基準緩和の認定申請をしなければなりません。その認定を受けた後登録して、特殊車両の通行許可をとってからでないと輸送を行うことは出来ません。しかも2年(...

今田早百合プロのその他のコンテンツ

Share

今田早百合のソーシャルメディア

facebook
Facebook

今田早百合プロのその他のコンテンツ