まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
折本徹

入国管理局の在留資格申請手続きをサポートする行政書士

折本徹(おりもととおる)

折本 徹 行政書士事務所

お電話での
お問い合わせ
03-3439-9097

コラム

外国人材活用とフィンテック(FinTech)企業

外国人材の雇用と活用

2017年10月1日 / 2018年8月16日更新

外国人材活用とフィンテック(FinTech)企業

フィンテック(FinTech)を、あえて定義すると、金融(ファイナンス)とテクノロジー
を組み合わせた造語で、IT(情報技術)を使った新しい金融サービスや金融事業の総称。

フィンテック(FinTech)企業が、外国人材を雇用するとき、
就労の在留資格を得る必要のある外国人材は、
専門的なお仕事をすることが、許可の要件になります。

その採用方法としては、
・日本に留学している留学生を採用する
・自国などの大学を卒業した外国人を、新たに招へいする
・すでに、日本で就労の在留資格を得て働いている外国人をスカウトする
です。
・仕事の内容については制限がない
身分系の在留資格「永住者」「日本人の配偶者等」「定住者」「永住者の配偶者等」
を得ている外国人を雇用する
こともあり得ます。

勿論、フィンテック(FinTech)企業なので、
金融知識がある外国人材は必要だと思いますので、
職種として、
エンジニアであれば、
金融工学、情報処理、数学などの専門知識がある、
エンジニア以外であれば、
経営学、商学、法学、経済学などの専門知識がある
外国人材になりそうです。

経営者は知っておきたい、外国人社員の雇用の際の在留資格申請のポイント
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/10576

フィンテック(FinTech)業界に参入しようと考えている、ITベンター、金融機関以外の事業者
が注意しなければならないことがあります。

特に、インターネット上で取引をすることにおいて、金融取引が生じそうなときは、
(お金の扱いが生じそうなときは)なおさらです

例えば、ウェブサイトを開設し、サイトの利用者から中古品を購入して、
他のサイトの利用者へ販売する場合は、古物業の許可が必要です。
しかし、サイトの利用者から購入した中古品を、その購入者へ再び返す
ときに、利息の性格に近いような手数料を徴収するときは、担保を取った
上での融資と推測されて、貸金業の登録が必要になる可能性もあります。
若しくは、質屋営業許可も必要になる可能性があります。その場合、
「質屋は、その営業所又は質置主の住所若しくは居所以外の場所において
物品を質に取つてはならない。」
があるので、仮想空間上で物品のやりとりはできないので、注意が必要です。

又、投資顧問業に該当するかもしれない、というケースもあります。
「投資運用業」、「投資助言・代理業」は、下記のような内容の業務になりますが、
(1)投資一任業務 :投資一任契約に基づき、投資者から投資判断や投資に必要な権限を委任され投資を行う。
例えば、ファンド運用業務で、
ベンチャー企業の育成や事業会社の再生等を目的として組成されたファンドの財産を主として
有価証券等への投資として運用を行うこと。
なお、不動産私募ファンドの場合は、投資一任契約に基づいて運用を行うのが一般的です。

(2)投資助言・代理業には、次の2つの種類があります。
ⅰ 投資助言業務 :お客様との間で締結した投資顧問(助言)契約に基づいて、
有価証券など金融商品への投資判断について、お客様に助言を行うこと。
尚、投資判断はお客様自身が行います。
ⅱ 代理・媒介業務 :お客様と投資運用業者との投資一任契約
または投資助言業者との投資顧問(助言)契約の締結の代理・媒介を行います。

で、
投資運用業者と投資助言・代理業者は、金融商品取引法の規定により、
内閣総理大臣の登録を受けることになっているのですが
(業者には○○財務局長(金商)第××××号という登録番号が与えられます。)

フィンテック(FinTech)のように、
AIを使って運用を提案する場合、
投資分析ツールなどを販売する場合、
自動売買プログラムを提供した場合は、
金融庁より登録を求められることがあるようです。
クラウドファンティングとよばれているものも、
形態によっては、貸金業法、金融商品取引業法での登録が必要になります。
又、アプリなどのサービス内で口座情報を取得したり、
決済や送金などを指示したりするサービスを提供する業者も登録業者になることも決まりました。
そのほかにも、決済代行をする事業者も登録対象になるような法律の制定が進んでいます。


先日、日本経済新聞の報道に興味深い記事が掲載されていました。
フィンテック関連事業者が提供する、給料の前借りのサービスです。

給料日前に、働いた分の給料を受け取るシステムなのですが、
勤務先が、自社の従業員に前払いの便宜を図ることがあると思いますが、
それをシステムとして提供する事業者が出現している、ということです。
事業者が、従業員の給料を立て替え、勤務先が事後清算をする方法で、
従業員は給料日を待たず、働いた日数の範囲で日数の範囲内で随時現金を引き出せ、
引き出し申し込みは、スマートフォンでできる。
事業者は、現金を引き出す際に、従業員から、3-6%の手数料を徴収している、というもの。

例えば、下記の感じです。
勤務先Aが事業者Bに、自社の従業員の給料の立て替え払い、みたいな契約を交わす。
従業員Cは、事業者Bに前払いの申し込みをする。
事業者Bは、従業員Cに現金を振り込む・Cから手数料を徴収する。
勤務先Aは、従業員Cに、給料日に前払い金を引いた給料を支給
勤務先Aは、事業者Bに立て替えた分を清算する。
グレーになっているのが、
「事業者Bは、従業員Cに、現金を振り込む・Cから手数料を徴収する」という部分。
利息を引いて給料日まで金を貸すのと同じなので、貸金業の登録が必要なのではないか?
そうすると手数料も、年換算で、出資法の上限金利の20%以内なのでは?というもの。
又、労働基準法上、給料については、中間詐取を防ぐため、
勤務先から従業員へは、直接払いと全額払いの原則があるので、
それに抵触していないか?ということも指摘されています。
ただ、ニーズはあるので、ルール整備の必要があるとのことです。

その他にも、資金決済法の「資金移動業者」や{前払式支払手段発行者」として、
登録する必要があるケースもあるようです。
例えば、ネット上で、利用者が商品を出品し、他者に販売するシステムを運営する事業者で、
サイトの中で、商品を売った代金を、運営する事業者が預かる仕組みにしていて、
ある程度の期間経過して、出品者に売った代金を出品者の銀行口座に振り込んだり、
事業者が運営するサイトで、別の代金の購入に充てたりできるようにして、
出品者が銀行などでお金を引き出す手間をなるべく不要にするサービスを提供するために、
お金を預かっているケースです。

お金にまつわる事業については、消費者保護をかなり厳しくするので、
参入するのにハードルの高さをもうけることは、やむを得ないです。

経営者は知っておきたい、外国人社員の雇用の際の在留資格申請のポイント
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/10576

「フィンテック(FinTech)新法ができる?!」

2017.10.13の日本経済新聞によりますと、
金融庁は、フィンテック(FinTech)新法を作る予定だそうで、
2018年度以降に新たに法体系を取り入れるそうです。
現在は、
「銀行は銀行法」
「電子マネー業は資金決済法」
「クレジット会社は割賦販売法」
と業態ごとの法律で業務を制限し、複数の規制が混在している状態です。
それを、
「銀行、電子マネー業、クレジットカード会社、ネット事業者を新法で一本化」
にしたいようです。

そうすることによって、
・パソコンやスマートホンを使った金融サービスを生みやすくする
 (送金や支払い仲介と言ったサービスに応じ法律を作る)
・銀行とフィンテック(FinTech)業者が連携しやすくするなど、企業提携が容易になる
・銀行以外の異業種は登録制の参入を認めているが、今後は明確なルールのもとで
 事業を手掛けてもらう
・そうすることによって、消費者も安心してサービスが使えるようになる
です。
ただし、機動力のある異業種が参入しやすいようにする、
又、資本力の弱い異業種の企業は、
メガバンクに対抗できなくなる恐れもあるので、配慮が必要、
とのことです。
参入を考えている人は、今後の行方を注目する必要がありますね。

1回の無料メール相談をしています。
お気軽にお問合せください
電話番号 03-3439-9097
「働く在留資格をはじめとする招へい手続きは、当事務所にお任せください。!」 
依頼について


下記のコラムもご覧ください
就労の在留資格申請の簡単なポイント
外国人材の就労の在留資格を得るまでの流れ「やることリスト」
入国管理局手続(外国人就労ビザ) をテーマにしたコラム

依頼人に寄り添い、希望が叶うことができる申請手続きを心がけています。
まずは、相談から始めましょう。
1回のみ無料相談を受け付けています

依頼に関すること

この記事を書いたプロ

折本徹

折本徹(おりもととおる)

折本徹プロのその他のコンテンツ

Share

折本徹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-3439-9097

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折本徹

折本 徹 行政書士事務所

担当折本徹(おりもととおる)

地図・アクセス

折本徹プロのその他のコンテンツ