まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
折本徹

入国管理局の在留資格申請手続きをサポートする行政書士

折本徹(おりもととおる)

折本 徹 行政書士事務所

お電話での
お問い合わせ
03-3439-9097

コラム

職人行政書士への道(渉外業務の)第8回「プレッシャーを感じろ!?」

渉外業務職人行政書士への道

2014年3月17日 / 2018年8月16日更新

職人行政書士への道(渉外業務の)第8回

「プレッシャーを感じろ!?」

外国人を招へいしたい、と在留資格認定証明書交付申請を依頼されることが
あります。
この申請は、事前の審査、という意味が強いのですが、
認定証明書が交付されると一安心になります。
この申請をする前に、依頼される人・企業と打ち合わせしますが、
「どうしても、日本に連れて来たいのだ」
「日本に入国し、仕事をしてもらいたいのだ」
と懇願されることがあります。
国際結婚の場合は、その夫婦の人生がかかる、こともありますし、
働く在留資格の場合は、その企業の社運がかかることもあります。
その場合、「失敗は許されん」と物凄いプレッシャーの中で、進めることになります。
そういう申請に限って、シンプルなケースではない、という感があります。
もの凄いプレッシャーの中での申請ですが、知恵熱がでるくらい、
知恵を絞って書類を作成することになります。

「知恵を絞る」ですが、事案によって変わりますので、
一概に「こうだ」というものはありません。
申請した後は、自分としては、
「やるべきことはやった、人事を尽くして天命を待つ」という心境なりますが、
なかなか、認定証明書が交付されず審査期間が長くなると、
自信から不安に変わることも、しばしばあります。
「まずい箇所があったのだろうか」と、弱気になります。
そうしますと、再度、見直し、追加書類の提出をすることもあります。
プレッシャーの中で仕事をすることは、申請技術の向上にもつながりますし、
洞察力を養う良い機会でもあります。
スポーツ選手が、成功体験を積み重ねて上達し、「もっと上手くなりたい」
と思うのと同じように、プレッシャーの中で仕事をし、交付・許可の結果を出せば、
「もっと上達したい、もっと詳しくなりたい、申請技術を向上させたい」となるので
渉外業務の行政書士として、実力が上がってくるのだと思います。
それが、依頼人が幸せになってもらえる一助にもなると感じています。

渉外業務 職人行政書士への道 のコラムを読む
http://mbp-japan.com/tokyo/orimoto/column/?jid=1302291

依頼人に寄り添い、希望が叶うことができる申請手続きを心がけています。
まずは、相談から始めましょう。
1回のみ無料相談を受け付けています

依頼に関すること

この記事を書いたプロ

折本徹

折本徹(おりもととおる)

折本徹プロのその他のコンテンツ

Share

折本徹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-3439-9097

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折本徹

折本 徹 行政書士事務所

担当折本徹(おりもととおる)

地図・アクセス

折本徹プロのその他のコンテンツ