まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
内田朱美

色の力で人と社会を救うカラーセラピーコンサルタント

内田朱美(うちだあけみ)

カラールーム Enchante(アンシャンテ)

コラム

自己愛と負けず嫌いがモチベーションを上げる

色の役割

2014年9月7日

昨晩の全米テニス準決勝
錦織圭の闘志に世界中が感動したことでしょう。
本当に彼の身体能力はもちろん
強いメンタルはどこからくるのだろうと感心しています。

しかし、私は彼のインタビューや記者会見を観ていて
じつはいつも不思議な感覚を覚えます。

なぜなら、発言の内容は非常に客観的で
表情がいつも自然体だからです。

もちろん、あれほどの熱戦後はガッツポーズもありますが
インタビューを受ける際には、笑顔を浮かべながらも
大変落ち着いている様子なのです。

彼にもメンタルトレーナーがついていることでしょう。
でも、「やる気」を出すこと、つまり「モチベーション」を鼓舞すること
その努力はいかばかりかと。
胸の内を是非聴いてみたいところです。

ところで、「モチベーション」も才能のうちという説もありますが
「自己愛」ではないかと私は考えます。
これはけして「ナルシスト」という意味ではありません。

ありのままの自分を認めて、自分に向き合って
短所も長所もそれが自分の全てだと理解することだと思います。

自分に駄目出しすることなく、結果や成果も恐れることなく
目標に向かって、突き進むことができるのではないかと思います。
また、他人の目や評価も気にせずに
自分の人生を生きることができるのですね。

昨晩の錦織圭、「赤シャツ」での登場、
相手に対する闘志や競争心を表現し、ジェコビッチに対する挑戦状だったのでは
ないでしょうか。
彼のコアにある健全な「負けず嫌い」を、さりげなく赤に託してるように感じました。



試合後のインタビュー
第1セットを先取したが、第2セットを取られた時
「気持ちを切り替えて、もう少し思い切り中に入って行こうと思った」
結果を恐れない軌道修正、まさしく青の冷静さに他ならないと
脱帽でした。

色彩の効果は皆さんの日頃のやる気をだしたり
ここ一番の時の強い味方です。
季節の変わり目に、やる気が出るように
色の力を有効利用してみませんか。
また、人間関係修復や構築についても、色がヒントをくれます。
次回、赤の補色「緑」について書いてみたいと思います。

*************
季節の変わり目、モチベーション衣替えセミナー開催中
出張にての無料体験も受付中!
仕事の仕方、チーム内円滑コミュニケーションのご相談も
カラールームEnchanteにお任せください。
09039077125(内田朱美)
http://www.color-enchante.com/

この記事を書いたプロ

内田朱美

内田朱美(うちだあけみ)

内田朱美プロのその他のコンテンツ

Share

内田朱美のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-05-30
facebook
Facebook