まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
清水小百里

さいたまで信頼を第一に、成婚に導く仲人 カウンセラー

清水小百里(しみずさゆり)

全国結婚情報サービス協会 株式会社KMA

お電話での
お問い合わせ
0120-978-679

コラム

婚活で30代・40代で低年収の男性が成功する秘訣

婚活

2016年1月31日 / 2018年8月23日更新



低年収であることで対象から外されることも多いので、条件を前面に出さない交流の場で勝負しましょう。
仕事にやりがいを持つ女性には「主夫」を求めている人も少なくなく、年収が女性より低い男性でも、家事ができることが婚活で有力な武器となります。

30代・40代で年収があまりよくない男性が婚活を成功させるためには、経済力以外の部分で魅力的な男性を目指して、自分を磨くことが重要です。

条件を前面に出さない交流の場で勝負

低年収の30代・40代男性は、条件を前面に出したパーティーやネット婚活は避けた方が良いでしょう。まず、低収入であることで対象から外されてしまう可能性が高いからです。

周囲の人の紹介、習い事、サークル、ボランティア活動など、まず自分自身を見てもらえる交流の場を探すことも大切です。

料理教室やスポーツジムなど女性が集まりそうなところへ出かけたり、ジョギングや犬の散歩コースを変えるなど、活動範囲を広げてみることもおすすめです。

ただ、こうした場では積極的に相手にアプローチしなければなりません。コミュニケーション力は必要です。待っていたのでは何も始まりません。断られることを恐れず、少しずつ話をする機会をつくっていきましょう。

婚活中の女性の中には「主夫」を求める場合も

最近の女性は、会社でも男性に負けないポストに就いている場合も多く、将来結婚しても仕事を続けることを希望する女性も増えています。

こうした女性の場合、男性の収入はあまり気にせず、「主夫」になってくれる人を求めるケースもあります。家事が苦手な女性にとっても有り難いことです。
「完全な主夫」とまではいかなくても、働く女性にとっては「家事に協力してくれる」というイメージはプラスのポイントです。

疲れた彼女に料理をつくってあげたり、将来子どもができたときに育児に協力するなど、家事ができる男性は好まれる傾向にあり、婚活にとって有力な武器となるでしょう。

また、結婚して男性側の家に入るのではなく、養子になってくれる男性を求めている女性もいます。その場合、男性に求められるのは「性格の良さ」になる可能性もあります。人あたりが良い、心穏やかな男性は「自分の両親と仲良くしてくれるのでは」と好感を持ってもらえます。収入などをコンプレックスにして、結婚を諦めないことが肝心です。

婚活を成功させるためには、年収よりも自分を磨くことが重要

年収が低い30代・40代男性が婚活で成功する秘訣は、ズバリ「自分を磨くこと」です。
相手に対する条件で「経済力」をあげる女性は多いですが、実際に気になる男性がいた場合、「収入」よりも「性格」、つまり人柄が優先される可能性は高いのです。一緒に暮らしていくためには性格の方が大事、というわけです。

収入は上がる可能性もありますし、転職によって変わることもあります。しかし、強さや優しさ、人への気配りなど、内面的な魅力をもった男性であれば好きになってもらえるはずです。収入に関係なく、周囲の人も「この人なら」と納得してくれるでしょう。

自分を磨くことは、婚活だけでなく仕事にも活かせることです。将来の自分のためにも、魅力的な男性になることが婚活成功の秘訣です。

お見合いでうまくいく・成功する!お見合いマル秘テクニックをご紹介
結婚相談所KMA本部のブログ

よくあるご質問はこちら よくある質問|埼玉県さいたま市で結婚相談所・婚活ならKMAへ
無料相談ご来店予約はこちら 無料相談ご来店・予約システム(いつあき・ITSUAKI)
お問い合わせ・資料請求は こちらから

信頼できる結婚相談所をお探しの方は、ぜひホームページもご覧ください。
全国結婚情報サービス協会のKMA

この記事を書いたプロ

清水小百里

清水小百里(しみずさゆり)

清水小百里プロのその他のコンテンツ

Share

清水小百里のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-21
youtube
YouTube
2015-09-14
facebook
Facebook