まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
清水小百里

さいたまで信頼を第一に、成婚に導く仲人 カウンセラー

清水小百里(しみずさゆり)

全国結婚情報サービス協会 株式会社KMA

お電話での
お問い合わせ
0120-978-679

コラム

婚活長期化で婚活疲れの女性・男性が急増中?

婚活

2016年1月25日 / 2018年8月14日更新



婚活を一生懸命頑張っても良い結果に結びつかず、婚活が長期化してしまうことが、婚活疲れの最大の要因でしょう。

婚活は、人生の伴侶を得るためにとても大切な活動です。そんな大切な活動を行うにあたり、誰にも相談できずに不安を抱えている人も多いのではないでしょうか?

婚活が長期化し婚活疲れに陥らないためには、ひとりで頑張り過ぎず、カウンセラーなどに悩みを相談し、疲れを感じたらしばらく休むことが大切です。

婚活疲れの最大の要因は婚活の長期化

一日でも早く結婚したい、婚活の時間を短くしたいと婚活を頑張りすぎていませんか?

街で開催されているパーティーなどが気軽だからといって、いくつも参加してたくさんの人と連絡を取り合ったり、もっと条件の良い人がいるのではないかと迷ってしまったり。時間やお金だけでなく、精神的にも負担が増していきます。うまくいかない場合は、「自分は誰からも相手にされていないのでは?」と自分を責めてしまうことも少なくないでしょう。

やっと素敵なお相手が見つかっても、自分が思い描いているようなお付き合いができずに、また他の人を探す……。こういったことを繰り返してもなかなか良い結果に結びつかず、時間だけが過ぎてしまう…といったことも多いのではないでしょうか。

結婚を真剣に考えるのであれば、カウンセラーがお相手選びやお付き合いなど、成婚まで親身になってサポートを行う結婚相談所を選択肢に入れてみてはいかがでしょう。
カウンセラーが、都度、悩みや不安などについて対応してくれます。

婚活疲れがひどくなると、「婚活うつ」になる恐れもあります。今、こういった婚活疲れに陥る女性・男性が増えています。

何事に対しても完璧主義の人、きちんとやろうとしすぎる生真面目な性格の人などは要注意です。

婚活が抱えている背景と婚活の現状

「婚活」とは、社会学者によって「就活」と同様に考案された造語です。少子化や高齢化が進む日本の社会的問題を踏まえ、婚活をサポートする自治体もあります。

インターネットには、大手結婚相談所や婚活サイトが数多く並び、テレビ番組で取り上げられるほど「婚活」は注目を集めています。

婚活が広く認識されているものの、「婚活していることが何となく恥ずかしい」「焦っていると思われたくない」といった理由から、積極的に婚活ができないといった風潮もあります。

社会が後押ししているはずの「婚活」なのに、誰にも相談できずに、不安や悩みを自分一人で抱えてしまうケースが多いのが現状です。

婚活が長期化し婚活疲れに陥らないための効果的な方法

他の女性・あるいは男性と比較されることも多いため、自分を魅力的にみてもらおうとして、容姿やふるまいなどにも気をつかわなければなりません。

「ありのままの自分で…」というのは難しい部分もあるのですが、婚活疲れにならないためには、頑張り過ぎないことも大切です。

大事なのは、「自分のペースで婚活をする」ということです。

まわりの人に結婚しないことを責められたり、急がされたりすることもあるかと思いますが、気にすることはありません。

また、気に入った相手に断られても「もともと縁がなかった」と気持ちを切り替えるようにしましょう。あなたに魅力がないわけでも、断ってきたお相手が悪いわけでもありません。

結婚はゴールではなく、ふたりの新たな門出です。焦って結婚しても、うまくいくとは限りません。婚活に疲れを感じたら、しばらく休んでみることも大切です。

婚活前に知っておきたい、お見合いで婚活するメリット・デメリット

よくあるご質問はこちら よくある質問|埼玉県さいたま市で結婚相談所・婚活ならKMAへ
無料相談ご来店予約はこちら 無料相談ご来店・予約システム(いつあき・ITSUAKI)
お問い合わせ・資料請求は こちらから

信頼できる結婚相談所をお探しの方は、ぜひホームページもご覧ください。
全国結婚情報サービス協会のKMA

この記事を書いたプロ

清水小百里

清水小百里(しみずさゆり)

清水小百里プロのその他のコンテンツ

Share