マイベストプロ大分

コラム

成績を上げたいなら、凡人を自覚しよう

2021年10月19日

テーマ:成績を上げる

コラムカテゴリ:スクール・習い事

時々こんなことを言う生徒がいます。

「先生、この問題は、先週やりましたよ。」「この説明は、この前見ましたよ。」

そんなことは、百も承知でカリキュラムを作っているのだよ。

先週やった問題だから、全部できるのかい。

前に聞いた説明を、全部覚えているかい。

僕たち凡人は、1回や2回で完璧に覚えきるものでもありません。できるようになるものでもありません。その時はできても、時間がたてば、忘れます。それが凡人です。

まず凡人を自覚しましょう。

テストで高得点を取る人は、復習の時間が多いです。数稽古を多くするから、ミスが少ないです。

教え子に、少しでも高得点を取らせたいから、学校の先生も塾の先生も宿題を出すのです。復習をさせるために。

大谷翔平選手がコーチに、「ピッチング練習は、昨日やりましたよ。え~、また今日も同じ練習をするんですか。」なんて言うでしょうか。一流の人ほど、同じ練習を愚直に凡人の何倍もやっているんです。

僕は、一流にはなれなくても、三流でなく、せめて二流にはなろうと思って日々精進しています。

LINE友だち登録で、オリジナルレポート「成績のいい子の親が実践している5つの秘密」プレゼント
↓↓↓
友だち追加

この記事を書いたプロ

杉山健司

全国レベルで活躍する人材の輩出をめざす学習指導のプロ

杉山健司(杉山学習塾)

Share

杉山健司プロのコンテンツ