マイベストプロ大分

コラム

【大分大学×地域科学研究所】

2020年11月26日 公開 / 2020年11月27日更新

テーマ:アーバンデータチャレンジ

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: DIY働き方改革

これからの時代の空き地のつかいかた。


大分大学、工学部柴田先生のゼミと協働で進めている
竹田の空き地を使ったアーバンデザインプロジェクト。
今年は実践プロジェクトとして、仲間を募り城下町内の空き地活用を進めていってます。




今回は、グリーンインフラの視点から東邦レオの吉田さんも来竹。
https://www.toho-leo.co.jp/
空き地でコーヒースタンドを始めたnageia cofeeの志賀くん、
ファブラボスペースを作っている旅人くんなど面白い役者が揃ってきて、
いくつかの仮説の実践を。

楽しくなりそうな予感。

地域科学では、空き地や、パブリックスペース、インフラなどのGISデータを提供して、
エリア的な可能性を学生たちと一緒に考えていきます。

あと、とりあえず、柴田先生と僕で空き地を借りました。

このプロジェクトは、今年度末にあるアーバンデータチャレンジにもエントリーしてます。
https://urbandata-challenge.jp/

この記事を書いたプロ

西田稔彦

地域に新しい価値をつくり、まちや人を輝かせるプロ

西田稔彦(株式会社 地域科学研究所)

Share

西田稔彦プロのコンテンツ