まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
武本尚

家賃より安い「リフレッシュ住宅」販売のプロ

武本尚(たけもとたかし)

株式会社アートランド

お電話での
お問い合わせ
079-295-0185

コラム

リフォーム済み中古住宅。売主が一般個人と不動産会社でどう違う?

2016年2月6日

個人がリフォームを済ませたリフォーム済み中古住宅、不動産会社によるリフォーム済み中古住宅、どんな違いがあるのでしょう。リフォームのポイントについての知識を備えた専門業者であれば、どれも信用できる物件なのでしょうか。

個人が売主のケース

リフォーム済み中古住宅の中には、一般個人の売主がリフォームを施した物件があります。自宅の売却を不動産会社に相談した際、「リフォームをしてきれいにしておいた方が、売りやすい」というアドバイスを受けてのことだとおもいます。

ただ、そのリフォームの内容を見た場合、クロスの張替えや畳の表替え、破れた障子の補修といった簡単なリフォームにとどまるケースが多いようです。個人が住まいを売るためリフォーム費を惜しまない、ということはなかなか難しいのではないでしょか。

不動産会社が売主のケース

不動産会社が中古物件を買い取ってリフォームを施した場合と比べると、まず、個人と会社組織では資金が違います。

会社組織のほうが、個人の場合にくらべ、より多くのリフォーム費を出すことができます。また、住宅のどこをどのようにリフォームすればいいか、という知識も、一般個人の方より不動産会社のほうが豊富に持っていますし、そうしたブレインも持っています。その点を考えると、おすすめできるのは不動産会社がリフォームを施した物件と言えそうです。

ただ、不動産会社がリフォームした住宅がすべて安心できる住宅かと言えば、残念ながら、そう言い切れないのも事実です。

簡単なリフォームで済ませた物件を、売り出している不動産会社もないとは言えないからです。

選択の基準

ところで、住まいのリフォームに関して「信頼できる施工会社を選ぶこと」といったことを頻繁に耳にされることでしょう。きちんとした施工会社を選択しないと、ずさんな工事をされ、そのうえ法外な金額を請求される心配があるということです。

これはリノベーション済み中古住宅についても同様のことが言えます。売主が個人であれ不動産会社であれ、物件の選択を間違えては大変です。

その選択基準として、購入を希望する住宅に「既存住宅瑕疵(かし)担保保険」が付いているかどうかを確認することをおすすめします。
この保険に入るには、厳格な検査が必要です。ですから、「既存住宅瑕疵(かし)担保保険」付きの物件であれば、売主が個人であれ、不動産会社であれその物件について信用が増します。
私どもアートランドのリノベーション済み中古物件には、すべてこの保険がついています。

この記事を書いたプロ

武本尚

武本尚(たけもとたかし)

武本尚プロのその他のコンテンツ

Share

武本尚プロのその他のコンテンツ