マイベストプロ福岡

コラム

朝起きて腰が痛い、肩が痛いのは・・・・・

2020年7月29日 公開 / 2020年8月10日更新

コラムカテゴリ:美容・健康

コラムキーワード: パーソナルトレーニング

 こんにちは(^^)



 福岡市早良区でダイエット・ボディメイク・筋トレ・脚やせなどを得意とするパーソナルトレーナー


ZUMBA・ボクシングEX・ヨガ・ピラティスなどのスタジオインストラクターをしている原田大輔です!





 

朝起きて腰が痛いのは、「寝る姿勢」が原因






 朝起きたら、腰が痛い!


ということはありませんか?


また、朝に限らず

「腰痛」

「膝痛」

「巻き肩」

「顎関節症」


の症状はありませんか?


それは、「寝姿勢」が関係しているかもしれません。




 皆さんは、寝る時にどんな姿勢で寝ますか?

●仰向け(上向き)

●うつ伏せ(下向き)

●横向き(右、左)


この3つの姿勢の比率が重要です。



 例えば、


★仰向けの比率が高い人は『腰痛』

★横向きの比率が高い人は『巻き型』『肩の痛み』

★うつ伏せの比率が高い人は『顎関節症』『お尻の横幅が大きくなる』



こんな相関関係があります。



じゃあ、どうすれば良いか?



基本的に、『うつ伏せの姿勢』で寝るのは良くないので、「ゼロ」でOKです。


仰向けを4割

横向き(右)2割

横向き(左)2割


※横向きは、抱き枕を活用します。さらに両側に抱き枕を置いておくとベストです。


このくらいの比率で、分散させてください!



 で


「どうしても、〇〇の姿勢じゃなきゃ寝れないのよね~」


って言われる方もいますが、


これもトレーニングです。



最初は、慣れないかもしれませんが、1年後は「普通」になっていると思います。





寝方を変えずに、ただ痛い痛いと言い続けるのか?


ちょっと、慣れないけど、変えてみようかなとするのか?




自由です♪

この記事を書いたプロ

原田大輔

心も体も軽くする“楽する”トレーニングのプロ

原田大輔(D-FIT)

Share

原田大輔プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-1198-0322

 

レッスン中などは出られないこともありますが、メール(d.fit.class@gmail.com)でもお問い合わせいただけます。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原田大輔

D-FIT

担当原田大輔(はらだだいすけ)

地図・アクセス

原田大輔のソーシャルメディア

rss
ブログ
2020-08-10
rss
ブログ
2020-08-10
facebook
Facebook

原田大輔プロのコンテンツ