まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
中村諭

家族の笑顔を支援する住宅ローンのセカンドオピニオン

中村諭(なかむらさとし)

住宅ローンソムリエ(R)

コラム

自分に合うタイプは?住宅ローン借換え時の金利の選び方

住宅ローン

2018年5月17日

前回は、住宅ローンの金利タイプについてお話をしました。
「どれを選びますか?住宅ローンの金利タイプについて」

今回はそれを踏まえて、住宅ローン借換え時の金利の選び方についてお話したいと思います。
金利選びは、単純に金利差だけでなく、「住宅ローンの残債」「残り期間」や「今後のライフプラン」「借換えに対して何を重視しているか」等トータルで判断する必要があります。
おおまかではありますが、それぞれの金利タイプに向いている志向をまとめてみました。
あくまで一例なので、皆様の金利選びの参考としてご覧になって下さい。

変動金利向きな方

・毎月の返済額を出来る限り下げたい
・今後、金利が上昇しても対応できる経済的余裕がある
・積極的に繰上げ返済をしていく予定がある
・ローンの残債が少ない、残り期間が短い
・金利情勢に柔軟に対応できる(固定金利への切替え等)

全期間固定金利向きな方

・金利が変わらない安心感が欲しい
・ローン管理が楽な方が良い
・安定した状態でコツコツ返済していきたい

固定期間選択金利向きな方

・低金利の恩恵を受けつつ固定金利のメリットも欲しい
・固定期間終了後に改めて金利選択をするのが苦ではない
・固定期間終了後の残債が少ない、残り期間が短い
・固定期間の間に手持ち資金を増やし、期間終了後に繰上げ返済をする予定

いかがでしたか?ご自身に合った金利タイプは見つかりそうでしょうか?
皆さん一人ひとりの状況が異なる為、確実な正解を申し上げる事は残念ながら出来ません。
皆さんの納得できる選択のお手伝いになれば幸いです。

----------
↓ 弊社HPも是非ご覧ください ↓
http://www.shinkyo-jp.com/     【住宅ローンソムリエ®】
↓ ご相談はこちらからどうぞ ↓
http://www.shinkyo-jp.com/contact2/
----------
《貸金業登録》
ローンの借り換え・銀行交渉を事業として行うには、貸金業免許の取得(金融庁への登録)が必要ですが、
弊社は、金融庁登録済み[千葉県知事(1)第03882号]のFP事務所ですので、安心してご相談ください。
無登録で行うと「10年以下の懲役」か「3,000万円以下の罰金(法人は1億円以下)」が科されるようです。
弊社は「住宅ローン・アパートローン」に関して、法律を正しく遵守したいFPや税理士さんからのご依頼も多数ある、「融資媒介を業とする」FP事務所です。

この記事を書いたプロ

中村諭

中村諭(なかむらさとし)

中村諭プロのその他のコンテンツ

Share

中村諭プロのその他のコンテンツ