マイベストプロ千葉
中村諭

家族の笑顔を支援する住宅ローンのセカンドオピニオン

中村諭(なかむらさとし) / ファイナンシャルプランナー

住宅ローンソムリエ(R)

コラム

想像以上に厄介!?離婚と住宅ローン

2021年9月10日 公開 / 2021年9月16日更新

テーマ:住宅ローン

コラムカテゴリ:お金・保険

コラムキーワード: 住宅ローン 借り換え離婚問題ファイナンシャルプランナー 相談

離婚と住宅・住宅ローンにまつわる問題は、それぞれのご夫婦ごとに状況が異なり、よって決着の方向性も異なるため、非常に複雑で、一概に、「離婚するならこうすべき!」というものがないのが実情です。住宅を売却して財産も住宅ローンも整理する方がいる一方で、夫婦のどちらかが住宅に残るケースもあります。特にお子さんがいるご家庭では、学校や生活環境を変えないために妻と子が住宅に残るケースも多いようです。ここでは、妻が住宅に残る場合の懸念点についてお伝えしたいと思います。

懸念点①
家から出た元夫が住宅ローンを返し続けてくれる保証はない

住宅も住宅ローンも元夫の単独名義であり、家から出た元夫が住宅ローンを返し続ける場合、離婚時にどのような約束をしていたとしても、残り数十年もの間、確実に返し続けてくれる保証はありません。元夫が新たに家庭を築いたり、病気や失業などで金銭的な余裕がなくなるケースもありますし、場合によっては経済的理由とは別の感情的な理由で、返済が止まる、突然住宅を売却されてしまう等のリスクがあります。

懸念点②
住宅と住宅ローンの名義を元夫から元妻に変更するのは非常に困難

離婚後も妻子が安心して暮らしていくための1つの案として、住宅の所有権も住宅ローンも元妻に変更するというものがあります。しかし、名義変更は非常に困難だということをまず認識しておく必要があります。まず、住宅の名義変更では、財産分与や売買等で元妻が住宅の所有権を取得する必要がありますし、住宅ローンの名義変更については、元妻に審査に通るだけの十分な収入があったとしても、応じてくれるかどうかは、現在住宅ローンを返済中の金融機関の判断次第となります。借入先での名義変更以外にも、他行へ借換えるという選択肢もありますが、名義変更を伴う借換えを取り扱ってくれる金融機関が少ないという現状もあります。

懸念点③
住宅と住宅ローンの名義を変更するには、元夫の協力が不可欠

住宅と住宅ローンの元妻への名義変更についてある程度の可能性ある場合でも、元夫が協力してくれなければ話を進めることができません。まず、関係書類が元夫の手元にある場合も多く、それを入手することから始める必要がありますし、めでたく万事が整った後も、所有権を移転し、住宅ローンの名義変更もしくは借換えを実行するには、元夫と連絡を取り、書類を渡してもらう、銀行に行ってもらうなど直接動いてもらう必要があります。このため、実際には中々話が進展しないという難しさもあります。

いかがでしょうか?
離婚に伴う住宅と住宅ローンの問題は複雑で、後になればなるほど、解決策が限られたり、より複雑になる可能性もあります。離婚前に弁護士や税理士、弊社のような住宅ローンの専門家にご相談いただくことをお勧めします。最近弊社で取り扱った事例では、弁護士が入っての離婚協議を進める中で、弊社にご相談をいただいたため、紆余曲折はあったものの、無事借換えに成功し、離婚後の妻子の生活に目処を立てることができました。
詳しくは住宅ローンソムリエ(R)まで、お気軽にお問い合わせください。


ユヌス・ソーシャルビジネスカンパニー登録のFP事務所(日本国内34番目)
有限会社信共【住宅ローンソムリエ(R)】
 
↓ 弊社HPも是非ご覧ください【住宅ローンソムリエ(R)】 ↓   
https://www.shinkyo-jp.com/
 
↓ ご相談はこちらからどうぞ ↓
https://www.shinkyo-jp.com/contact/
 
【ユヌスソーシャルビジネス7原則】
1.ソーシャルビジネスの目的は、利益の最大化ではなく人々や会社を脅かす貧困・教育・健康・技術・環境といった問題を解決することです。
2.財務的・経済的な持続可能性を実現します。
3.投資家は投資額を回収します。しかしそれを上回る配当は還元されません。
4.投資の元本の回収以降に生じた利益は、ソーシャルビジネスの普及とより良い実施のために使われます。
5.環境に配慮します。
6.雇用者は良い労働条件で給与を得ることができます。
7.楽しみながら取り組んでいきます。
----------

この記事を書いたプロ

中村諭

家族の笑顔を支援する住宅ローンのセカンドオピニオン

中村諭(住宅ローンソムリエ(R))

Share

関連するコラム