マイベストプロ千葉

コラム

英検1級道場ー英単語ーinvaluable-2022-2準1級読解問題から学ぶ

2022年11月15日 公開 / 2022年11月16日更新

テーマ:読解力向上のために

コラムカテゴリ:スクール・習い事


英検準1級2022-2(2022年10月9日実施)リーディング大問3(長文読解)の3番目は、第2次世界大戦中にイギリス軍が北アフリカの砂漠で、ドイツ・イタリア連合軍と戦ったときに編成した特殊部隊についての記事です。
その中に下記の一節があります。

Having spent years exploring the North African desert before the war, Bagnold knew the terrain well, and he was convinced that a small, highly mobile motorized unit that could observe and track enemy forces would be invaluable.

バグノルドという将校が砂漠について熟知していて、砂漠を特殊トラックで軽快に走り回り、偵察・諜報活動をするというものです。
まるで、忍者です。



詳しくは、英検の読解問題をお読みいただきたいのですが、ここでは上記のセンテンスの最後にある invaluable という単語に注目します。

valuableという単語を知っているほぼ100%の人が、invaluable=価値がないという訳し方をします。
これは、文章の主旨からしても明らかな間違いです。

ここは、「~は計り知れないくらいの価値がある」と訳すべきです。
つまり、invaluableはvalueがないのではなく、valuableよりも価値が高いといってかまわないと思います。

正確に言うと、valuableはvalue+ableです。価値を計ることができるという意味です。
例えば、この宝石は5,000万円など、値段や重さ、数値化できるもの、相対的な大きさを比較できるということです。
ですから、否定形のinがつくin+value+ableは、数字で価値を計ることができない、という意味です。

例えば、Aさんの命は5,000万円、Bさんの命は1億円などということはありません。
人命に軽重はなく、数字で計ることができません。
このように考えれば、納得ができるはずです。
私は、昔中学2年生のときに英語の教科書で、この内容を習いました。

ローマ帝国時代の親子の話でした。あまりに印象深かったので今でも鮮明に覚えています。
以上のように、単語は意味を理解することで記憶が深まります。

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(英検一級道場)

Share

関連するコラム

山中昇プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-7801-8405

 

受講者、受講希望の皆様のために公開しています
業者の皆様へのお願い:売込みはご遠慮ください

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山中昇

英検一級道場

担当山中昇(やまなかのぼる)

地図・アクセス