まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(やまなかのぼる)

英検一級道場

コラム

英検1級道場-2次試験合否に関する数字で疑問があります 得点とCSE(合否基準)の関係です

英検の試験に関する情報

2017年8月1日 / 2018年9月22日更新



山中です 読者の皆さん、データ収集に協力願います
できるだけ多くのデータを集めて、学びあいたいと思います

■鹿児島の受講生からの報告です
2017-1英検1級2次試験合否で不思議な結果が出ています

7/02福岡A群(のみ)を受けた鹿児島の女性:7/7/7/6 27点 598 不合格 
7/09東京B群を受けた鹿児島の女性の友人:6/6/7/8 27点 611 合格

疑問:
発音の得点に対するCSEへの反映率が高いのか?
受けた場所(サンプル数)によって、CSEに大きな変化が生じるのか?

■因みに、7月9日に横浜のB群で受けた受講者は7/7/6/6 26点 606で合格でした!
この人が福岡会場で受験していたら不合格であったということになります

これらの数字を総合すると、受けた場所(サンプル数)によって、CSEに大きな変化が生じると考えるのが合理的だと判断されます


山中

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

山中昇(やまなかのぼる)

山中昇プロのその他のコンテンツ

Share