まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

家の老化⑤~乾式と湿式

家の老化

2018年5月25日

②に書いたように土壁は仕上がるまでにその都度、乾燥期間がいります。乾くまでの間は他の工事はできません。乾燥期間の分だけ時間がかるのです。このような乾燥期間がいる工法を湿式工法と言います。

それに対して、乾燥期間を必要としない材料で工事する工法を乾式工法と言います。現代の家はほとんど乾式工法で作られています。

左官工事や塗装工事は湿式工事の代表格です。基礎工事のようにコンクリートを扱う工事、内装の壁紙を貼る工事などものりが乾く時間が必要です。

以前は和室の壁は左官職人の腕の見せ所で、上手な職人が塗ると柱のチリ(土壁と柱の境)が真っ直ぐ通り、鏝(こて)のムラ(鏝の跡が分かること)もなく、塗り終えたばかりの壁は水をたっぷり含んでいるため光って見えます。

しかし、現代は和室も壁紙を貼って仕上げ、壁は塗りません(私の工務店では土壁下地ではありませんが、今でも左官仕上げです)。



新築現場では塗装工事も塗装済みのサイディングなどで減り、玄関の土間タイル以外はほとんど乾式工法です。

次回は、『家の老化⑥~現代の家の材料は』です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

鈴木敏広(すずきとしひろ)

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ