まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

家の老化④~真壁

家の老化

2018年5月22日

前回出てきた真壁とは簡単に書くと和室の壁のことです。
前回書いたように日本の土壁は薄いため柱は見えています。壁は柱と柱の間にあることになります。

お寺のように大きな柱の場合、柱が大きいため真壁になるのは仕方ないと思いますが(太い柱と同じ厚みにするのは大変です)、日本では柱が12センチほどの住宅でも真壁にしています。

ここからは私の考えですが、土壁を薄くした理由は厚く塗ると地震などで落ちてしまうこと、また、シロアリや菌などの害を防ぐためではないかと思います。

厚いと重たくなり大きな地震でなくても壁が落ちるかもしれません。下地を太く組むようにすれば地震でも落ちない厚い壁ができると思われますが、手間が非常にかかります。
また、シロアリに対しては、柱が見えている方が、空気に触れ乾燥状態を保てるため、シロアリに被害を受けません。土で柱が覆われるとシロアリなどが発生しても見えません。気づかないうちに浸食されてしまうことが考えられます。



本当の理由は分かりませんが、昔の人たちは壁を作るために荒壁、中塗り、上塗りと段階的に作ることで隙間のない薄くても丈夫な壁にしたのではないかと思います。

実際土壁には耐力があることが実験でわかっていて、耐力壁として評価されます。
真壁は日本の環境にあった壁の作り方だと思います。

次回は、『家の老化⑤~乾式と湿式』です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

鈴木敏広(すずきとしひろ)

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ