マイベストプロ徳島
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ徳島
  3. 徳島の冠婚葬祭
  4. 徳島の葬儀・斎場
  5. 岡正伸
  6. コラム一覧
  7. 夜中や早朝に亡くなった場合、通夜を当日中にすることは良くないの?
岡正伸

家族葬と終活アドバイスのプロ

岡正伸(おかまさのぶ) / 葬儀

家族葬専門 セレモニー心

コラム

夜中や早朝に亡くなった場合、通夜を当日中にすることは良くないの?

2021年11月20日

テーマ:お葬式

コラムカテゴリ:冠婚葬祭

コラムキーワード: 葬儀マナー終活 いつから

セレモニー心 お通夜、家族葬
夜中や早朝に亡くなった場合、その日中に通夜をすることは良くないのか?

地域やお葬式の形式によると思います。
私たちの地域、徳島市では早朝お亡くなりになられた場合、その日の夜にお通夜をされる方が多いです。
家族葬など規模を小さくされる方が多くなったのも、お亡くなりになったその日の内にお通夜をされる方が多くなった要因だと思います。
お亡くなりになったその日に、お通夜をしない理由として考えられる外的要因をあげてみます。

・火葬場の予約がいっぱいで予約を取れないからその日の内にお通夜が出来ない地域。
・たくさんの方に参列いただくような従来のお葬式だと告知や準備に時間がかかる。
・県外から帰ってくる身内が間に合わない。
・ゆっくりとお別れがしたい。

日程はご遺族の意向が最優先です。
菩提寺や火葬場とご遺族の希望日程が合えば、お亡くなりなったその日にお通夜を執り行っていただいても問題ありません。
ただお亡くなりになった翌日に火葬を行う場合、お亡くなりになった時間から火葬までに24時間経過しているかどうか確認が必要です。
法律でお亡くなりになってから24時間経過しないと火葬が出来なくなっていますので注意しましょう。

亡くなった日に通夜を執り行うことが不謹慎ではありませんし、決められたことでもありません。
参列されるご親族の予定を考慮した上で決定したいですね。

もしもの時のために備えておきたい6つの事
資料請求でエンディングノートプレゼント中!!

この記事を書いたプロ

岡正伸

家族葬と終活アドバイスのプロ

岡正伸(家族葬専門 セレモニー心)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

岡正伸プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-388-233

 

24時間365日対応しています。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡正伸

家族葬専門 セレモニー心

担当岡正伸(おかまさのぶ)

地図・アクセス

岡正伸のソーシャルメディア

facebook
Facebook