マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 増える家族葬 注意するポイントは?

増える家族葬 注意するポイントは?

カテゴリ:
くらし

増える家族葬、一方でトラブルも増加

017bd9c83c7de95ba35b1849c05358ff_m

あなたは、なぜ家族葬を選択しますか?
・葬儀費用の総額を抑えたい
・たくさんの方が会葬に来られると気を使うので大変
・故人とゆっくりとお別れをしたい
など様々な理由があると思います。

最近、家族葬を行う人が増えてきています。
それに伴い、トラブルなども増加しているようです。
葬儀費用を抑えたつもりが実質的な負担が増えたなんて事もありますので注意が必要です。

葬儀費用が安くならない場合もある家族葬

一般的なお葬式を行うと葬儀費用が高いという固定概念にとらわれ家族葬を選ぶ方もいらっしゃいます。
一般的なお葬式の場合、会葬者からご香典を頂けますが家族葬だとご会葬者からのご香典は少なくなります。
その分、実質的な負担が増えるという事にもなりかねません。
金銭的負担を抑えるつもりで家族葬を選ぶのは誤った選択になる可能性がありますので気をつけないといけません。
家計から出ていく『総額葬儀費用』は大きく3つに分かれます
①葬儀社に払う『葬儀費用』 (祭壇、棺、骨壺など人数による変動はない)
    +
②葬儀社が手配する『実費費用』 (会葬返礼品、食事など接待費用で人数による変動がある)
    +
③寺院等への『お布施』
①と③は、家族葬だから価格が安いとは限りません。
②は単価×人数なので会葬者や親族が増えると総額も増えます。
でも、ご香典を頂けますので収支だけを考えるとマイナスにはならないはずです。

金銭的な負担を減らす為に、家族葬を選択するのは後で後悔する可能性があります。
一般葬といっても葬儀社により価格も様々です。
あらかじめ予算を決め、予算内でよいお葬式を執り行って頂ける葬儀社を探すことが一番重要です。

家族葬でもご縁のある方への対応は必要

従来のお葬式のスタイルは、広く訃報を告知しご縁のある方はお通夜や告別式に参列して頂きます。
たくさんの方が会葬に来られますので、ご遺族様は対応に追われ故人様とゆっくりお別れを行う事が出来なかいからこの度は家族葬で執り行いました。 
でも後日、訃報を知った方が毎日のように、ご自宅にお悔やみに来られ対応が大変だったというお話も聞きます。

ここで提案したいのがお通夜、告別式を1日もしくは2日、先延ばしをし、家族でゆっくりとお別れをする静かな時間を作る方法です。
2日程度日延べをしても、ドライアイスをきっちりと処置をしておけば故人様のお身体はきれいな状態で保てます。
病院などから直接葬儀会館に行かず一度ご自宅に故人様を安置し静かな家族だけの時間を持たれてみてはいかがでしょうか?

例えば、お葬式に100人の会葬者が来られ一度に対応するのと後日、自宅に一人ずつ100人の対応をするのとどちらが大変かもう一度、考えてみてください。

100通りの人生には100通りのお葬式があります。
一生のうち一度しか出来ない、人生最後のセレモニーです。
しっかり自分の想いをまとめ、想いを形にしてくれる葬儀社を探す事が
後悔のないお葬式を執り行う方法です。

岡正伸

家族葬と終活アドバイスのプロ

岡正伸さん(家族葬専門 セレモニー心)

Share

関連するその他の記事

キャッシュレス決済の種類、ポイント還元のメリットは?迷える中高年に向けて仕組などを解説!

アプリによるQRコード決済が飛躍的に進み、スーパーやコンビニだけでなく、キャッシュレス決済対応の店舗が急速に増えています。セキュリティーの問題など、デメリットも含めた上での利用方法、使いこなす際の注意点などを、ファイナンシャルプランナーの平原憲治さんに聞きました。

平原憲治

平原憲治さん

顧客の性格に合わせた提案が得意なファイナンシャルプランナー

M1グランプリのミルクボーイでも話題。「人を傷つけない笑い」を実践する方法

M-1グランプリで注目が集まった「人を傷つけない笑い」は、プロの芸人のような巧みな話術がなくても誰でも実践することができます。職場や地域で生かせるる「人を傷つけない笑い」の作り方を解説します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

食とエネルギーの自給自足を可能にする「農業の未来の形ソーラーシェアリング」とは

日本の就農人口は増えつつあるとともに農業のあり方が変わりつつあります。地産地消の未来を築く未来型農業について解説します。

生津賢也

生津賢也さん

経営及び事業戦略構築のプロ

仕事帰りからでも間に合う「30分で5品」のクリスマスレシピ 時短料理のコツとは?

12月に入り、街はクリスマスムードに包まれています。でも、2019年度は24日と25日が平日。年末で仕事が忙しいなど、手の込んだクリスマスメニューは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか?30分で5品が揃うクリスマスメニューのレシピをご紹介します。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す