まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
中村英行

職人魂で仕上げる住宅塗装のプロ

中村英行(なかむらひでゆき)

有限会社 御南塗装工業

コラム

塗料はしっかり乾燥が必要なのはなぜ?塗料の乾燥不足で起きる不具合とは。

塗装豆知識

2016年8月16日

こんにちは、㈲御南塗装工業です。

塗装工事を始めると、雨が降れば中止になります。でも晴れの時でも雨水や朝露などが残っていると、工事をすすめることが出来ない場合があります。また、湿気や天候によって塗料の乾燥具合が悪いと、塗装を延期させないといけない場合もあります。(塗装はそれぞれ部所ごとに段階的にすすめていきますので、そういった場合は他の箇所の出来る作業を優先させて工事を行ないます。)
天気が良い日だと、「なんでこんな天気が良いのに塗れないのだろう?」と疑問に思われることもあるかもしれません。ですが、塗料の乾燥不足は後で深刻な不具合を起こす場合があるのです。しかも、その不具合は塗ってすぐではなく、塗ってから1~3年の間に起こることが多いのです。
では、どのような不具合が起こってくるのか、こちらのブログでご紹介しています。
↓    ↓    ↓
塗料の乾燥段階とは?

こういった不具合を避けるため、天候や塗料の乾燥不足などで、工期が延びる場合もございます。弊社では、その日の工事終了後に本日の作業内容と翌日の作業内容をご説明させて頂いています。また、品質優先で行っていますので、工期が延びる場合もご了承頂いています。
塗装の事で不安、疑問に感じることがございましたら、お気軽にご相談くださいね。

☆お問合せ☆
(有)御南塗装工業
フリーダイヤル 0120-957-951

この記事を書いたプロ

中村英行

中村英行(なかむらひでゆき)

中村英行プロのその他のコンテンツ

Share

中村英行のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2018-04-13
facebook
Facebook

中村英行プロのその他のコンテンツ