まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
宮本博文

家族写真撮影のプロ

宮本博文(みやもとひろふみ)

STUDIO栄光社

コラム

お宮参りの儀式について

お宮参り

2014年11月3日

お宮参りとは
その土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長を願う行事です。現在では無事に生まれた感謝と健やかな成長を願う行事となっています。
一般的には、男の子では生後31、32日目、女の子では32、33日目がよいとされています。しかし、実際はこのような日にこだわる必要もなく生後30日前後で穏かな天気の日を選べば問題ありません。母親や子供の健康を考えて決めればいいのです。
また、夏などの暑い時期や冬の寒い時期に無理にすることなくいい季節になってからでもかまいません。仏滅はだめということはまったく関係ありません。特にこの日はタブーなんて日はありません。そんなことより赤ちゃんや母親の健康のことを気にしましょう。






お宮参り写真について

この記事を書いたプロ

宮本博文

宮本博文(みやもとひろふみ)

関連するコラム

宮本博文プロのその他のコンテンツ

Share