マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 写真は脳の衰えを防ぎ、心身を豊かにする効果がある

写真は脳の衰えを防ぎ、心身を豊かにする効果がある

カテゴリ:
くらし

脳が老化する理由

2312b8b998c9f23878d527e0660fbfa3_m

年齢を重ねても脳の衰えを防ぎたい。 その秘訣はとにかく使うことです。なかでも、高齢者はやりがいのある趣味を新たに始めると、より脳が鍛えられるという研究を行ったのは、アメリカ・テキサス大学ダラス校の研究チーム。「身体の健康を保つためにエクササイズが欠かせないように、頭脳をクリアに保つためには脳に複雑な活動をさせることが必要だ」と述べています。

30歳を過ぎたあたりから1日に1~10万個単位で神経細胞が減っていくといわれています。また、加齢にともない、脳の神経細胞膜が固くなり、神経細胞間の情報の受け渡しがうまくいかなくなり、脳内の情報ネットワークの働きが鈍ってきます。このため脳の記憶の検索がうまくいかなくなり「物忘れが多い」「判断が鈍くなる」「新しいことへの興味が薄れる」といった変化が起こってしまうのです。

年齢とともに記憶力がどれぐらい低下するのかというと、50~59歳では25歳時の記憶脳力の約半分、70歳を超えると最高で3/4まで失われるといわれています。こうした脳の老化を食い止めるには、絶えず脳に刺激を与えることが大事になります。そのために脳を使うような趣味やスポーツ等の活動をすることはもちろん、普段から五感を使ったり、他人とのコミュニケーションを取ることも脳の老化防止に役立ちます。

写真は常に脳に刺激を与え続ける

脳細胞の成長が止まるのは30歳前後といいますから、この年齢以降は脳を使っていかないと脳の老化が進んでいきます。
脳に刺激を与え続ければ脳細胞は年齢に関係なく育ちます。60歳以上の高齢者を対象に行った調査では、積極的に趣味を持つなど活動的な人は、そうでない人に比べて「記憶力」「注意力」が明らかに上回っていたそうです。
つまり、脳に刺激を与えて脳を使い続ければ、脳力の低下を抑えられると同時に、痴呆の予防にもなるということです。

写真は「医療・福祉・教育」の分野で活用され、好結果が得られています。
心身に障がいのある子どもたちやお年寄りたちにカメラを渡して自由に撮影をしてもらい、そのプリントを画用紙に貼ってメッセージを記入したり、飾ったりすることで元気になる力を呼び起こしたり、行動が積極的になるなどの事例が報告されています。

写真はいいことづくめ

写真は自己表現の手段です。その写真を撮るためには「Inspiration(直観)」を活かし被写体を探します。
そこで「歩く」という動作が生まれます。
次に周囲の景色を注意深く眺めたり、「構図」を考えながら撮りたい被写体がないか注意深く見回します。
漠然と景色を見るのではなく、無意識に意識を集中して景色を観察します。

さていよいよ撮影、指先を使ってシャッターを押したりズームレンズの操作を行います。
ファインダーや画面を注視しながら一枚の写真撮影に自分の思いを表現します。
この一連の作業がストレス解消や脳の活性化などに効果があるのです。

フォトセラピーという言葉があるように、写真には癒しの効果があります。
「撮る」「撮ったものを人に見る」「撮ったものを見せてもらう」「誰かに撮ってもらう」という一連の行為に、セラピー効果があります。
実際に、作家や画家や音楽家のようなクリエイティブな仕事に就く方がいつまでも若々しいのは、脳の前頭葉を中高年以降も使い続けているからでしょう。

写真は、どうやら癒し効果&元気になる力があるようです。自分らしさを大切に「ひとりでできる写真」を撮り続けてください。

好奇心と刺激のある毎日を送っていれば脳は老化する暇もないようですよ。

宮本博文

家族写真撮影のプロ

宮本博文さん(STUDIO栄光社)

Share

関連するその他の記事

食とエネルギーの自給自足を可能にする「農業の未来の形ソーラーシェアリング」とは

日本の就農人口は増えつつあるとともに農業のあり方が変わりつつあります。地産地消の未来を築く未来型農業について解説します。

生津賢也

生津賢也さん

経営及び事業戦略構築のプロ

仕事帰りからでも間に合う「30分で5品」のクリスマスレシピ 時短料理のコツとは?

12月に入り、街はクリスマスムードに包まれています。でも、2019年度は24日と25日が平日。年末で仕事が忙しいなど、手の込んだクリスマスメニューは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか?30分で5品が揃うクリスマスメニューのレシピをご紹介します。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

「#家出少女」を狙う泊め男 SNS犯罪に遭った児童・生徒の約4割がTwitter利用者の現実

SNSを介した犯罪の被害に遭う未成年者は増加傾向にあります。スマホを持つ子どもの低年齢化とともに子どものSNS利用も当たり前になってきています。SNS犯罪から子どもを守るために、親ができることは何でしょうか。ITコンサルタントの目代純平さんに聞きました。

目代純平

目代純平さん

インターネットサポートにこだわるITコンシェルジュ

「老老介護」「認認介護」そして「遠距離介護」。高齢化社会の介護問題で考えるべきこと

65歳以上の子どもがさらに高齢の親を介護する「老老介護」、夫婦ともに認知症という「認認介護」の問題などが問題に。こらからの介護について社会福祉士の中原崇さんに聞きました。

中原崇

中原崇さん

家庭支援カウンセリングのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す