まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
宮本博文

家族写真撮影のプロ

宮本博文(みやもとひろふみ)

STUDIO栄光社

宮本博文プロのコラム一覧:幸せメッセージ

♡幸せメッセージいただきました♡加西市内にお住まいのNさまから♡幸せメッセージ♡が届きました『とてもステキな仕上がりで大満足です。また利用したいと思います。撮影時には、上手にあやして下さり最後まで家族で楽しく撮影することができました。アルバムを作って本当に良かったです。...

幸せメッセージが2通届きました。このお手紙を拝見していて、ホームフォトグラファー(かかりつけの写真屋)でありたいと思う気持ちが、お客様に伝わった瞬間ででした。

ちびっこお客様から、素敵なメッセージをいただきました(^O^)/ 本当に励みになります。最高に嬉しいです

神戸市の尾ノ上麗華様より、素敵な幸せメッセージをいただきました。深く僕たち家族をみていただいていることに感激するとともに、さらに責任を感じつつ、とても励みになります!ありがとうございます!『今回も本当にありがとうございました。遂に我が家のアルバムも2冊目に入り、家族の歴史...

撮影していて本当に!嬉しいこと・・・それは「幸せメッセージ」をいただき、ご紹介させていただける瞬間です。尾ノ上麗華ママは、とっても写真がお上手です。それは写真を学ぶ時間を取り学ばれているからです。写真の表現力を知りえた方はこれから、たくさんの方と写真の魅力を共有する体験...

山上 兼弘 (兼弘山上)さんからこんな素敵なメッセージをいただきました。彼は姫路市で写真館を経営されています。主にスクールアルバムが多いとのことですが、子供へのアプローチがいつも爽やかです。周りを和やかな雰囲気にさせてくれます。『先日は急なお願いにもかかわらず、○○の1歳のお誕...

お宮参りの撮影のタイミングで、お子様が寝ている場合があります。その時は「オムツを変えてあげる」「ウェットティッシュで顔を優しく拭いてあげる」「タンバリンの音で目をさます」など色々な工夫が必要ですが、それでも無理な場合は、ご家族の写真を優先して、お子様一人写しは日を改めて撮影し...

加西市のR.T様から、幸せメッセージをいただきました。「写真の持つ力」とは、過去を振り返り、未来に大いに期待させてくれるものだと思います。家族を大切に!『娘の3歳(数え年)の時に、七五三の撮影でお世話になり、今回、7歳(数え年)の七五三撮影をお願いすることにしました。兄や家...

三木市の森様から届いた嬉しいメッセージを遅くなりましたが・・・ご紹介します。家族の写真って本当に大切なものです。未来の宝物です。娘の成人式の記念にと思いお願いしたのですが「当日はご家族の方も一緒にどうぞ」と言われ「えっ?私たちも?娘だけでいいですし」って思ってたのですが、...

加西市のY・Oさんより幸せメッセージをいただきました。ラムネの写真屋さんだって・・・でもこんな風に子どもに覚えてもらえることが一番嬉しいかも! 増やせるアルバムは新しい節目の写真のページが増えるたびにお宮参りの写真から眺められる素敵なアルバムです。家族の会話が聞こえてきます。...

岡山県津山市のSさんより、幸せメッセージをいただきました。晴れの日を写真で残すことは未来の宝物になります。これからも「かかりつけの写真屋」でありたいと思います。『先日は(と言ってもずい分経ってしまいました)お世話になりありがとうございました。早速にアルバム配送いただきありが...

加西市の岡田様から幸せメッセージをいただきました。記念日毎にページを増やせるアルバムはその都度、昔を懐かしくことができます。『小学校入学と1才の誕生日記念での撮影、ありがとうございました。仕上がった写真を見て、昔をふり返りながら3兄弟の成長と親の若い頃を実感して楽しく皆で...

加西市の喜谷様より、幸せメッセージをいただきました。お子さまの成長を見るたびにその変化を感じ、同時に家族の皆様の笑顔も写しだせる写真をこれからも目指していきます。『記念日にはお世話になっています。この度七五三(男の子五才)で衣装もマリて特に衣装合せは本人も喜んで何枚か着せ...

三木市のNさんから幸せメッセージをいただきました。いつも本当に嬉しいです!僕は、「家族の写真」が一番大切だと思っています。時節のお祝いには、もちろん子どもが主役になりますが、その今を支えてきた家族が実は一番、写真に残しておかなければいけないと信じています。写真は未来の宝物!...

三木市の西永様より、幸せメッセージが届きました♡写真の仕事をしていて本当に良かったと思える機会をいただきました。当たり前のことですが、お客様に向き合って丁寧な仕事を愚直にすることが大切です。『私のイメージしていたお宮参りの写真は「着物を被せられ、無表情な」ものでした。家族...

宮本博文プロのその他のコンテンツ

Share