まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
武本尚

家賃より安い「リフレッシュ住宅」販売のプロ

武本尚(たけもとたかし)

株式会社アートランド

お電話での
お問い合わせ
079-295-0185

コラム

リノベーション済み中古住宅の購入後に欠陥が見つかったら保証してもらえる?

2016年1月8日

「既存住宅売買瑕疵(かし)保険」という保険があります。万一、リノベーション済み中古住宅購入後、欠陥が見つかった場合、重要な保険です。

既存住宅売買瑕疵(かし)保険とは

「既存住宅売買瑕疵(かし)保険」の「既存住宅」とは、中古物件のことです。中古物件を購入後、万一、欠陥が見つかった場合、その修理・補修を保証する保険です。

この保険は、中古物件の買い手であるお客さまが加入する保険ではありません。私ども「アートランド」のような不動産会社、あるいは、中古物件を売却する個人、いずれにしても売り手が加入する保険です。

・構造耐力上の主要な部分と雨水の侵入を防止する部分などの保障について、保険対象部分に隠れた瑕疵が見つかった場合は、その補修費用が保険から支払われます(保証額1000万円まで)。

・保険期間は引渡しの日から5年間です(2年間もありますが、「アートランド」ではすべて5年間の保障付です)。

お客様にとっての「既存住宅売買瑕疵(かし)保険」のメリット

「既存住宅売買瑕疵(かし)保険」は売り手が加入するものですが、お客さまにとって大きなメリットがあります。

というのも、売り手がこの保険に加入するためには、リノベーション済み中古住宅の検査を受け、それに合格する必要があります。国が認定する第三者機関による検査です。

この検査は厳しく、住宅の基本性能を徹底的にチェックします。そして、合格してはじめて「既存住宅売買瑕疵(かし)保険」に加入することができるのです。

ですから、この検査に合格した物件は「安心して住める家」とのお墨付きを得ているわけです。これはお客さまにとって大きなメリットと言えるでしょう。

もう一つのメリット

私どもアートランドがご案内する物件は、すべて5年間の保証付きです。

これは「安心して住める家」として認定された物件でも、万が一、隠れた欠陥が見つかった場合、「その補修をきちんと行ないます」ということです。

私どもが売り手として「既存住宅売買瑕疵(かし)保険」に加入しているのは、お客さまにご案内した物件に、「万一のことがあった場合の備え」としてなのです。

リノベーション済み中古住宅購入に際しては、その物件が「既存住宅売買瑕疵(かし)保険」に入っているかどうか確認することをおすすめします。

この記事を書いたプロ

武本尚

武本尚(たけもとたかし)

武本尚プロのその他のコンテンツ

Share

武本尚プロのその他のコンテンツ