まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
武本尚

家賃より安い「リフレッシュ住宅」販売のプロ

武本尚(たけもとたかし)

株式会社アートランド

お電話での
お問い合わせ
079-295-0185

コラム

住宅診断とは? 安心・安全なリノベーション済み中古住宅購入のすすめ。

2016年1月6日

リノベーション済み中古住宅の購入にあたって、重要視されている「住宅診断」が、いま日本にも広まりつつあります。今回は住宅診断と、そのメリットについてお話ししたいとおもいます。

住宅診断について

住宅診断は、「ホームインスペクション」とも言われます。「ホーム(住宅)」の「インスペクション(検査、調査)」を行ない、住宅の状態を診断することをさす言葉です。アメリカでは、住宅診断は常識的なことであり、中古住宅を含めた不動産取引の70~90%に住宅診断が行われています。

住宅診断では、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者の立場から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、改修にかかるおおよその費用などの判断を行ないます。

検査箇所は、「屋根」「基礎」「外壁」「給排水管、給湯管」「水まわり設備機器」「電気設備」「屋根裏・床下」「建物内部」。家をまるごと検査してくれるのです。

住宅診断のメリット

住宅診断は、戸建ての新築・中古、マンションの新築・中古を問わず行われています。

中古住宅の購入をお考えの場合、購入前に住宅診断をしてもらうと、住宅の「どこがどのくらい劣化しているか」ということがわかり、「購入後のリフォーム計画が立てやすくなる」「リフォーム代の目安がわかる」というメリットがあります。

また、住宅を売却する時にも、第三者によって住宅の現状が診断されるため、「売買後に売主が知らなかった瑕疵(欠陥)が見つかってトラブルになる」というような問題が発生するリスクを軽減できるといったメリットがあります。

住宅診断の利用方法

住宅診断を利用する方法としては、内閣府認証NPO法人「日本ホームインスペクター協会」(http://www.jshi.org/what/)に、ホームインスペクター(住宅診断士)を検索できるページがありますし、インターネットで「住宅診断」というワードで検索すると、住宅診断士を紹介するページがあります。

私ども「アートランド」がご案内しているリノベーション済み中古住宅は、すべてこの住宅診断をうけた物件です。住宅に傾斜やひび割れ、雨漏り、床下の腐食といった不具合がないかなど、厳しい検査を受け合格した物件、これはお客様にとっては「安心して住める家」ということになると思います。

この記事を書いたプロ

武本尚

武本尚(たけもとたかし)

武本尚プロのその他のコンテンツ

Share

武本尚プロのその他のコンテンツ