まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
武本尚

家賃より安い「リフレッシュ住宅」販売のプロ

武本尚(たけもとたかし)

株式会社アートランド

お電話での
お問い合わせ
079-295-0185

コラム

リノベーション済み中古住宅は購入後に追加リフォームできる?

2016年1月10日

リノベーション済み中古住宅は購入後、少し自分の好みを出したいところをリフォームする場合の一般的な流れをご紹介しましょう。

リフォームしたい場所の整理

まず大切なことは、家のどこをどう直したいかを整理することです。5年先、10年先のことを考え、リフォームする箇所、その目的を明確にすることが大切です。この点を曖昧にしておくと、後々、後悔することにもなりかねません。

同時に、インターネット・雑誌等でリフォームに関する基礎知識を収集することをおすすめします。工事費用についてもおおよその目安をつけておきましょう。

そのうえで、自分たちが希望するリフォームをかなえてくれる施工会社を探すようにしましょう。

見積書の依頼と比較検討

施工会社を絞り込んだら、リフォームしたい箇所を施工会社の担当者に見てもらいます。

その際、どういう風に直したいのか自分の要望を伝え、見積書の作成を依頼します。見積りは1社だけではなく、複数の会社に依頼し、比較検討できるようにするといいでしょう。見積書を複数の会社に依頼することには何の問題はありません(マナーとして、先方に話しておくといいとおもいます)。

施工会社数社の見積書が揃ったら、それらを比較検討して最終的に1社に絞り込みます。その際、ただ単に「工事費が安い」という理由だけで判断しないことが重要です。

リフォームには、ある程度の適正価格というものがあります。事前に調べた工事費用に関する情報と照らし合わせ、見積書の内容をよく検討したうえで絞り込みましょう。

契約と完了後の確認

施工会社が決まったら、その会社の担当者に改めて見積書について説明を求めましょう。見積書にはさまざまな項目がありますが、項目ごとに疑問点がなくなるまで質問し、回答してもらうことが大切です。

時折、リフォームに関するトラブルを耳にしますが、担当者との打ち合わせ、話し合いが十分ではなかった場合が多いようです。
担当者と打ち合わせを重ね、費用、設備、工事期間などについて十分納得できたら、契約することになります。このとき、納得してから契約するようにしてください。

契約が終われば工事に入りますが、工事には騒音や振動がつきものですから、ご近所へのあいさつを忘れずに行いましょう。

工事が完了したら、契約通り工事が行なわれたかを確認します。仕上がり具合い、見積書通りの設備や材料が使われているか、細部の仕上がりやキズの有無についてもチェックしましょう。

この記事を書いたプロ

武本尚

武本尚(たけもとたかし)

武本尚プロのその他のコンテンツ

Share

武本尚プロのその他のコンテンツ