まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
武本尚

家賃より安い「リフレッシュ住宅」販売のプロ

武本尚(たけもとたかし)

株式会社アートランド

お電話での
お問い合わせ
079-295-0185

コラム

リノベーション済み中古住宅の物件情報の調べかた。

2016年1月4日

リノベーション済み中古住宅の物件情報を得る方法はさまざまです。その方法と、不動産会社の利用法をお話したいとおもいます。

インターネットの活用と新聞の折込チラシ

リノベーション済み中古住宅の物件情報を収集するうえで、インターネットはとても便利なツールです。あなたが住みたいとおもう「町の名前」「リノベーション(あるいは、リフォーム)済み」「戸建て」、この3つを入力すると多くの情報を得ることができます。

物件ごとに建物面積、建物の構造、間取り、土地面積、築年月日、価格まで知ることができますから、まずはインターネットで情報を集め、リノベーション済み中古住宅市場のおおよそのところを把握するといいでしょう。

新聞の折込チラシも有効な情報源です。新聞の折込チラシは、地域や物件、ターゲットを絞り込んでいます。インターネットで全般的な傾向を把握し、新聞の折込チラシで個別の傾向を把握するという使い方ができます。

オープンハウスへの訪問

しかし、パソコンの画面や新聞の折込チラシだけで住宅を判断することはできません。やはり、実際に自分の目で見る必要があります。

自分の目で耳で確認するためには、オープンハウスの見学が有効な機会になってきます。オープンハウスでは、物件内を自由に見てまわることができますし、気になるところは開けてみたり、触ってみたりすることができます。
また、何か疑問があれば、担当者に聞くことができます。オープンハウスの担当者による説明は、インターネットや新聞の折込チラシでは得られない、具体的で生きた情報ですから、遠慮せず、どしどし質問することをおすすめします。

不動産会社に相談するメリット

さて、不動産会社には2つのタイプがあります。

ひとつは「広域型」、もう一つは「地域密着型」です。

「広域型」の不動産会社は、広い地域をカバーし物件も豊富な点が強みです。それに対し「地域密着型」の不動産会社の強みは、地域に精通していることです。

また、不動産の取扱いは信頼性がもの言います。地域で十年、二十年と歴史を積んでいる不動産会社は信頼性・信用性が高いと判断できます。

リノベーション済み中古住宅の場合、そうした不動産会社を選択することが大切です。実績のある不動産会社に相談すれば、リノベーション済み中古住宅の物件はもとより、リノベーション済み中古住宅を取得する際の手続きについてまで、有益な情報を得ることができます。

この記事を書いたプロ

武本尚

武本尚(たけもとたかし)

武本尚プロのその他のコンテンツ

Share

武本尚プロのその他のコンテンツ