マイベストプロ北海道
越田雅人

企業、団体のコンプライアンス体制構築のプロ

越田雅人(こしだまさと) / コンプライアンスマネジメント

株式会社コンプラ・マネジメント

コラム

拠点長(支店長、所長、工場長など)のコンプラ無関心

2023年1月9日

テーマ:風通しの良い職場

コラムカテゴリ:ビジネス

多くの会社は本社以外に支店、営業所、工場、配送拠点、出張所などを有しています。
本社であっても、大手企業の子会社、外資企業の日本法人などがあり、それぞれに拠点長(社長、支社長、支店長、所長、工場長など)がいるはずです。
コンプライアンス面からみると、それら拠点長の資質によってその拠点全体のコンプライアンス意識が大きく変化してしまいます。
企業全体でコンプライアンスに取り組んでいても、特定の拠点で
・パワハラ・セクハラが発生する
・会社資産の私物化が目立つ
・事務用品などの細かい経費が異常に多い
・優越的地位の濫用(得意先への接待の強要) など
問題が潜んでいることを匂わせる事例が目立つことがあります。

業種や地域の事情もありますが、共通しているのは
拠点長のコンプライアンスへの無関心です。
移動や転勤が無いと自覚している拠点長(支店長、工場長など)は自らのハラスメント事件を隠蔽する、
出入り業者に接待強要するなどの事例が目立ちます。
早く親会社に戻りたい子会社社長や取締役などは実績アップにしか興味が無く、
違反をしてでも売り上げを上げろ… といった無責任発言が目立ったりします。

どんな拠点でも、そのトップ(拠点長)の姿勢が拠点全体の活動を左右します(コンプライアンスだけでなくモラル、マナー、仕事に対する姿勢など)。

こんな拠点長の共通点は意識が上司や本社等に向いていて、任せられている拠点全体や部下が視野に入っていない事です。

経営者(経営陣)は定期的に社員アンケートやヒアリングを行い、
足元で何が起こっているかリサーチすることが重要です。

アンケートはパワハラなどのコンプライアンス関連研修時が最適です。
単なる研修で終わるのではなく、会社を客観的に見る仕組みを作りましょう!

_________________________________________

社内・組織内の「風通し改善」をお手伝いします

ハラスメント研修・パワハラ体制構築
株式会社コンプラ・マネジメント

URL: https://compmgmt.jp
Email:koshida@compmgmt.jp

この記事を書いたプロ

越田雅人

企業、団体のコンプライアンス体制構築のプロ

越田雅人(株式会社コンプラ・マネジメント)

Share

関連するコラム

越田雅人プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-1899-7467

 

講演・研修・打合せ等で電話対応できない場合がございます。
その際はお掛け直しいただくか、メールにてご連絡をお願いします。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

越田雅人

株式会社コンプラ・マネジメント

担当越田雅人(こしだまさと)

地図・アクセス

越田雅人のソーシャルメディア

facebook
Facebook