マイベストプロ岐阜
安藤孝彦

和と温もりを大切にする建築設計のプロ

安藤孝彦(あんどうたかひこ) / 一級建築士

アンドウ設計事務所

お電話での
お問い合わせ
0572-59-1215

ギャラリー

畳は日本の伝統的な床材

  • リビングの一角に自然光が縁無し畳を照らす

    リビングの一角に自然光が縁無し畳を照らす

  • 床の段差360、仕切れる部屋、引き出し物入れ

    床の段差360、仕切れる部屋、引き出し物入れ

  • 縁無し畳でより一体感を、仕切れる部屋

    縁無し畳でより一体感を、仕切れる部屋

  • 長椅子としても利用できる5個の集合体

    長椅子としても利用できる5個の集合体

  • モダンの中の畳コーナー、程よい自然光が品性を演出

    モダンの中の畳コーナー、程よい自然光が品性を演出

  • 畳ベッド、引き出し物入れ

    畳ベッド、引き出し物入れ

  • ロフトベッドとしての畳

    ロフトベッドとしての畳

  • 床の段差400、背もたれにもなる引き出し物入れ

    床の段差400、背もたれにもなる引き出し物入れ

  • 地域集会所の広い空間、仕切って置き畳で変身

    地域集会所の広い空間、仕切って置き畳で変身

適度の弾力性や保温、調湿作用ががあり、なんといっても自然素材のイグサの踏み心地や座り心地、寝心地がよいので気持ちよく過ごせますね。日本人が潜在的に持っている精神性の中に畳が和のテイストのひとつとして安心感を与えてくれます。最近よく言われる和モダンと称する空間の中に畳がいろいろな形で登場してきます。

Share

安藤孝彦プロのコンテンツ