まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(やまなかのぼる)

英検一級道場

コラム

英検1級道場-受講生のプロフィール-秋田のMさん

受講生の奮闘と悩み

2014年4月30日 / 2018年10月22日更新

東北にお住まいのMさん(50代半ば)は、日曜朝にスカイプを使った個人レッスンを継続している
4月28日に、113回目のレッスンが終わったが、3年2カ月のつきあいだ
英検1級道場は、このように、長い付き合いの受講生が多数居られることが特徴だ

3年前のMさんは、単語、読解、リスニングのすべてが3級程度だったが、今は、準1級の難しいパート②の放送やトラッドジャパンの中でも難しい放送を実に見事に聞きとり、内容を確実に理解したうえで、丁寧にディクテーションができるようになり、まるで別人だ

前回のレッスンで、突然、2013-3の1級の読解問題を読んでもらったが、しっかりと理解しておられた
1級の問題だと伝えて、本人は信じられない表情だった

3年前は、準1級のパート①程度のディクテーションでも、指摘箇所で真っ赤になる状況だったが、今は違う
倦まず、弛まず、地道に、コツコツと継続してことが今の結果につながっている

英検1級道場は、このように、コツコツと小さな努力を積み重ねて成長していくタイプの受講生が集まっている
英語で回り道を続けたり、途方に暮れているあなたに、小さな努力の積み重ねが、大きく実るのだということを実例で伝えます

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

山中昇(やまなかのぼる)

山中昇プロのその他のコンテンツ

Share