まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(やまなかのぼる)

英検一級道場

コラム

英検1級道場-原音に忠実に発音する日本人

英語の豆知識

2014年4月29日 / 2018年9月22日更新

日本人は原音に忠実に外国産の言葉を理解しているようです
例を3つ紹介します

■「ローハイド」の「ローレン・ローレン・ローレン」
子供の頃「ローハイド」というアメリカのテレビ番組がありました。番組の中身はきれいに忘れているのですが、「ローレン・ローレン・ローレン」の歌詞で始まる主題歌のメロディーは良く覚えています。

「ローレン」とはRollin'であって、馬で進む様子を表現する言葉です。文字を見れば間違いなく「ローリン」といういう歌詞になったのでしょうが、当時の日本人は聞いたままの音に基づいて「ローレン」という歌詞にしたのでしょうね。

■ラムネ
子供のころ、ラムネを飲むのが楽しみでした。でも、誰に聞いても、語源を知りません。
ある日、ある記事で知りました。レモネードがなまったということでした。言われてみるとうなづけます

アラビアのローレンスの1シーン
砂漠を超えてカイロのイギリス軍司令部に辿りついたローレンスがバーで飲み物を注文します
A large glass of lemonade, for him
とゆっくり、かみしめるように言い、連れてきたアラビア人の少年を指差します

■ランドセル
オランダ電電公社にOEMで製品を納めていたころです
食事しながら日本の話になり、私が、日本の小学生はランドセルと呼ぶ鞄を背中に背負うと言ったら
オランダ人から復唱を求められました

オランダ軍の兵士が背負う軍用のリュックサック(日本語で「はいのう」)はランセルと呼ぶ
同じ語源ではないか?

その後、確認はしていないのですが、それに間違いないと思います

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

山中昇(やまなかのぼる)

山中昇プロのその他のコンテンツ

Share