まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

家の老化⑬~現代の家はいつまで…

家の老化

2018年6月26日

どんな家も欠陥がなくても年月とともに各部材が傷み次第に老化しますが、昔の家の材料は、木材はシロアリや菌の被害を防ぎ、土壁は継続的な雨漏りさえなければ、世代を渡って使用できます。畳や障子は取替、張り替えることができます。

昨年のコラム「聴竹居を訪ねて」(コラム;「「聴竹居を訪ねて⑨ 参照 )の聴竹居は、設備を省けば壁や天井の和紙の張替と畳の取換え以外は、当時のままです。

日本には、神戸の箱木家を始め住宅でも100年以上の建物がたくさん残っています。空襲や生活の仕方が大きく変わらなければ、古い木造住宅はもっとたくさん残っていたと思われます。

では現在の家はどうでしょうか?
⑪に書いたように、できた時から雨漏りや結露がなくても徐々に劣化していきます。そのスピードが昔の家の木や土に比べ格段に速いと思われます。

現代の家は、100年以上持つでしょうか?

最後に、昔は木や土など自然材料で家を作りましたから、仮に住む人がいなくなっても、何十年か、何百年か経てば自然に戻っていきます。解体して、ゴミを分別して片付けなくても雨風に当たり朽ち果てていつか自然の材料に戻るのです。いわば勝手にリサイクルです。

家の老化⑬

そう考えると、現代の家は解体してからもお金をかけて廃材として処理しないといけません。

次回は、『…』です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

鈴木敏広(すずきとしひろ)

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ