まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

家の老化⑦~現代の材料に共通していること

家の老化

2018年6月1日

前回書いた材料の説明です。
合板は薄い板を何層(大抵3層)か貼り合わせ一枚の大きな材料にしたもの、プラスターボードは石膏を板状にして紙で挟んだものです。集成材は木片を接着し柱や梁のような大きな材料にしたものです。
また、プラスチックは大雑把な言い方ですが、接着材を固めたようなものです。

上記のように、現代の多くの家で使われている材料で共通していることは接着していることです。木や石膏などを何かしらの方法で貼り合わせて大きな材料にしています。



最近では接着剤は材料に使用するだけでなく、現場での施工も接着材に頼るようになっています。昔の接着剤は乾燥期間が長く接着力が弱いため、乾燥するまで釘(後ではずせることができる)などで仮固定する必要があったり、または、釘やビスで固定するときの補助として使用していました。しかし、今では接着剤の性能が良くなり、接着剤を貼るだけという施工が増えています。

次回は、『家の老化⑧~接着剤について』です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

鈴木敏広(すずきとしひろ)

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ