マイベストプロ富山
石崎弥佳

フラワーアレンジメントのプロ

石崎弥佳(いしさきみか) / フラワーデザイナー

花まつフラワーアカデミー(万華苑)

コラム

高校の授業でフラワーデザイン

2020年2月5日 公開 / 2020年2月7日更新

テーマ:フラワースクール

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育




富山県立〇〇高等学校
農業化学科の
「実技 フラワーアレンジメント」の
2時間授業を受け持たせていただきました。

外部講師招聘事業
「専門分野の学習意欲を高めること」が
目的の外部講師招聘事業とのことです。

昨日はMチーフが1年生20名を受け持ち
今日は私が2年生20名を指導させていただきました。

二人は、富山県教育委員会より
非常勤講師の辞令をいただいております。

毎年楽しみに指導に伺っています。
とっても責任重大!
しっかりと精いっぱい任務を遂行いたしました。



さて、お花を触る前にお話しをしました。
質問形式にて。

①お花で一番好きな花はなんですか?

②春のお花といったら、どんな花を思い浮かべますか?

③日本の切り花でもっとも需要があり、
たくさん生産され、販売されている花の種類は
なんでしょうか?

④お花はそれぞれ、
見てとっても美しい色・形をしています。
香りもいいですねぇ。
さて、ではどうしてお花は綺麗で
香りがいいのでしょうか?

それぞれの質問に対しては
すっごくしっかりとした返答が返ってきました。

本日のアレンジのテーマは
「春のお花たちを苔玉にアレンジ!」

ボール状の吸水性スポンジに
苔をゴールドワイヤーで巻き付けて固定する作業から。

みんなすぐには上手にできないのです。
で、
「おにぎりに
とろろ昆布を付けるがごとく…。」と、
説明いたしましたところ、
富山県の高校生は理解してくれたようでした。
われながら、いい説明でした。(笑)

毛糸にパールワイヤーも巻いたのですが
ちゃんとそれぞれデザインが施してあって
お洒落な感じ。



いよいよお花を触る段階になった時
みんなは
それは伸びやかに、嬉しそうに
オリジナリティに溢れた感じで
愛情いっぱいに
お花を挿していったのでした。

このみんなの出来栄えには
私は感動いたしました。
みんな丁寧で、
本当美しく仕上げてくれるんですもの。

女子も男子もとってもお上手でした。
男子のほうが人数が多いのです。
みんな、にこにこといい笑顔。

高校生の皆様にはきっと
仕上がったときは
達成感があったはずと思う作品が
ずらりと並びました。
楽しんでもらったのではないでしょうか。



家に持って帰ったら
お母さんはとっても喜ばれるとそう思いました。

今日の授業後の、
指導員と女子高校生との会話をひとつ…。

「男子上手だったよねぇ。」と聞くと
「はい、とってもびっくりしたけど、男子みんなうまかった。」と。

スクール 関連WEBサイト


花まつフラワーアカデミー ホームページ

花まつフラワーアカデミー Facebookページ

この記事を書いたプロ

石崎弥佳

フラワーアレンジメントのプロ

石崎弥佳(花まつフラワーアカデミー(万華苑))

Share
関連するコラム