まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
瀧口繁

天然素材と家相の知恵を活かす住宅設計のプロ

瀧口繁(たきぐちしげる)

瀧口建設株式会社

お電話での
お問い合わせ
053-438-5388

コラム

水晶を基礎に埋設して、願掛け、お守り。土地の浄化して開運に。

気学

2014年4月30日 / 2014年7月18日更新

弊社にとっては、珍しい試みをしてみました。
お施主様の要望で、基礎スペーサーに水晶玉を固定しました。

縦起きして、設置完了となります。


こちらは、さざれ水晶。今回は、基礎の中に7袋埋設しました。


基礎の四隅には、水晶を立てて、固定しました。

建築物を建てる時には、土地の神様を鎮める為に様々な方法が取られています。
古い建物を解体は、土地を更地にして太陽に当てて浄化すると良いといわれてます。

弊社では、解体してすぐの着工は、勧めていません。
最低でも一か月は、期間を設けています。

地鎮祭後、土地神を鎮め、様々な埋め物をしますが、
それと一緒に水晶を埋め込むのは良い方法として知られています。

建築に関連する水晶玉には、いろんな使われ方があります。
・ お守りにする。
・ 願望や夢を叶えたい時に願を掛ける。
・ 土地の浄化


こちらは、地鎮祭の際に、神主からいただいた鎮石
建物の中央に埋設しました。

ご家族の思いを水晶に託し、皆で、基礎地業コンクリート打設前に
立ち会って、水晶を収めました。
きっと良い結果が得られることでしょう。
おまじないではありません。
開運の手法で今回は、水晶に願いを込めました。

水晶に守られた建物は、来月上棟予定しています。

この様な建物計画が進んでいます。
http://www.sumailab.net/takiguchi/works.html




この記事を書いたプロ

瀧口繁

瀧口繁(たきぐちしげる)

瀧口繁プロのその他のコンテンツ

Share

瀧口繁のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-10-20
facebook
Facebook

瀧口繁プロのその他のコンテンツ