まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
鈴木じつ子

円満相続をサポートするプロ(税理士)

鈴木じつ子(すずきじつこ)

鈴木じつ子税理士事務所鈴木芳夫社会保険労務士事務所

お電話での
お問い合わせ
053-454-3600

コラム

相続税はどのくらいかかるのか 

相続について

2013年11月3日 / 2018年4月26日更新

「相続税が高くなるらしいよ!」
「一般の人にもかかるらしいよ!」
最近よく聞くフレーズです。

すぐにではないですが、平成27年1月以降に亡くなった方に対する相続税は大きく税金がかかります。
「基礎控除」て聞いたことがあるかと思いますが、
これが大きく引き下げられるのです。

~H26.12まで
 5,000万円+1,000万円×法定相続人の数
H27.1~から
 3,000万円+600万円×法定相続人の数

相続する方が1人の場合、以前は6,000万円の財産があっても、相続税を支払わなくても良かったのです。
が、H27からは3,600万円に引き下がりました。

3,600万円というと、浜松だと、平均的な広さの土地と建物持っているだけでだいたい超えてしまう金額ですよね。
あと、生命保険金や現預金、株、投資信託等持っていると、すぐに税率が多くなります。

今まで、うちは大丈夫!と思っていたのが、
相続になって、いざ計算したら、税金を支払わなければいけなかった。
なんてことが、たくさん出てきそうですね。
早めに相続税対策をしておけば、相続税を支払わなくても良いかもしれなかったのに。。。

相続を3回すると、財産が無くなる
て、言われていますが、
もちろん、なにも相続対策せず、稼ぎもなければ。
実際、ざっくり計算すると、3回でなくなりますし、
遺産分割でもめた場合、1回で財産はなくなってしまうこともあります。
(揉めたら、揉めた分だけ、国へ支払う税金が増えるだけですから、
その分を相続人で分けたほうが良いのになぁと、思うのですが。。。)



ご不明な事がありましたら、お気軽にご連絡してください。
身近な相談相手として地域の皆様を応援します!
http://suzukisouzoku.com/

この記事を書いたプロ

鈴木じつ子

鈴木じつ子(すずきじつこ)

鈴木じつ子プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木じつ子プロのその他のコンテンツ