まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
鈴木じつ子

円満相続をサポートするプロ(税理士)

鈴木じつ子(すずきじつこ)

鈴木じつ子税理士事務所鈴木芳夫社会保険労務士事務所

お電話での
お問い合わせ
053-454-3600

鈴木じつ子プロのコラム一覧

「相続対策」と聞いて、みなさん何を思いつきますか。まずは、相続税の対策を頭に思い浮かべるのではないでしょうか。税理士が相続対策をしましょう。とお話しすると、賢い「節税」方法を教えてくれるのかと思いますが、相続対策は、①納税資金確保②揉めない相続③相続税対策の順番で...

育休から職場復帰して初めての相談者の方が事業を開始したので、相談含めて事務所見学してきました!スタートはとても大変で、いろいろな書類を作成し、会計・税務・労務と多様な届出等があります。許可制・届出制の業種なら、さらに事業開始までに許認可等を取得しなければなりません...

9月23日(土) 東京都府中で辻・本郷相続部時代の元同僚が相続セミナー開催しましたので、お勉強しに行ってきました。「相続対策しないとこんなに損するの!?  相続対策セミナー」お客様はざっと30~40人ほどで、講師の桑原くんも言葉に力が入っていました。内容は、とっても...

9月上旬に浜松市主催の『空家ワンストップ相談会』行ってまいりました。税理士以外に建築士、司法書士、不動産屋等。。。専門家が一つの部屋に一同に集まって皆さんの質問に答えていました。さて、その時に話題になった一つに「被相続人の居住用財産(空家)を売ったときの特例」がありま...

暑いですね。これから本番の暑さが到来しますが、体を壊さないよう気を付けないといけない季節ですね。さて、今回のテーマは、相続対策前の対策。当事務所は、運よく良いお客様に出会えているため、今まで、法人・個人の顧問先として関与しているお客様で、未分割で相続税申告書を提出したこ...

借入金や未払いの税金等、葬式費用は相続税の計算上、プラスの相続財産から差し引くことができます。その差し引くことができる人は、以下の人です。・その債務等を負担することとなる相続人・その債務等を負担することとなる包括受遺者なお、以上の要件を満たしている相続人や包括受遺...

個人で事業をしていて、売上が1000万円を超えたり課税所得が大きく所得税率が高かったりしたとき、法人成りを考えるかと思います。また、新たに法人を設立をする場合、色々決定する中に会計期間を決定しなくてはいけません。個人事業の場合、課税期間は、1.月1日から12月31日です。...

浜松市内で創業または個人から法人へステップアップしようと考えている方に、登録免許税に加えて、司法書士の報酬等の経費に対して補助金が出る制度が平成29年度より始まりました。<補助対象者>初めて会社を設立した方で、次の要件をすべて満たす方・H29.4.1以降に中小企業者として初めて...

昨年秋ごろ、個人としてチャリティーコンサートなどのボランティアをこれからも継続できればよいが。知人からの相談です。もう20年近く続いている事業です。一般社団法人にしようか、NPO法人にしようか悩んだ結果、手続きは大変ですが、費用を最小限に抑えられるNPO法人を設立する...

待機児童、団塊世代の要介護者の増加問題により、保育士・介護職員等の確保が待ったなしの問題となっています。介護や保育等のサービスを安定的かつ継続的に提供するためには、職員の定着率等を伸ばすひつようがあります。そのため、経営労務管理について、経営労務管理の専門家による確認・相談支...

平成27年になってから9か月が過ぎます。相続税の基礎控除が減額されてからお亡くなりになった方の申告期限があと1か月と迫ってきました。かなりの減額でしたので、対象になった方がたくさんいらっしゃるかと思います。さて、今までは、5,000万円+1,000万円×法定相続人の数(基礎控除)以上...

あけまして、おめでとうございます。日々徒然のコラムを最近書いていなかったです。今年からは心機一転、頑張ります!(期待)最近、海外が関わる相続が増えてきたなぁと、実感します。浜松の地方都市でも、亡くなった方が海外にいたり、相続人が海外在住だったり。(浜松は、グローバ...

鈴木じつ子税理士事務所のホームページが移動致しました。過去のコラムからはリンクされませんので、以下のリンクからホームページへお越しいただけれたらと存じます。よろしくお願いいたします。http://www.suzuki-cta.com/

平成26年4月から消費税率が8%になり、平成27年10月から10%になり、家計の負担の重みをこれから感じるでしょう。消費税の増税に騒がれている中、相続税も大増税となっていることをご存知でしょうか。平成27年1月1日から基礎控除が6割に下がり、最高税率が55%に引き上げられました。その結...

確定申告の時期がいよいよ来ましたね。所得税の確定申告と同じ期限に贈与税の確定申告があります。前にも書いたとおり、何気なく貰ったものでも、贈与税の申告をしないと適用が受けられない特例もありますので、気をつけましょう。もし、申告が必要かどうか迷うことがありましたら、税理士に...

鈴木じつ子プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木じつ子プロのその他のコンテンツ