まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
赤塚直記

親身な経営相談で問題解決に導くプロ(税理士)

赤塚直記(あかつかなおき)

税理士法人BETT あかつか事務所

お電話での
お問い合わせ
053-424-6001

コラム

『7つ習慣』そのⅤ  第1週目

経営

2017年11月15日 / 2018年8月10日更新

赤塚直記様

おはようございます。

BETT
あかつか事務所の源です。

昨日で第4の習慣も終わり、今日からは第5の習慣
に入ります!

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
  『7つ習慣』そのⅤ  第1週目
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

突然ですが、話を聞く際に何を意識されていますか?



何を伝えたいのか?何に困っているのか?
何がポイントなのか?

色々な意識があると思います。
おそらく、多くの人は相手が何を伝えたいかに
意識を向けると思います。

言い方を変えると、相手を理解するということに
意識を向けて話を聞くと思います。


第5の習慣は「まず理解に徹し、そして理解される」
という習慣です。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
  実はできていない?「理解に徹すること」
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

私がこの章を読んだ際に一番心に残ったのが、
「返事をしようとして聞いていませんか?」と
いう1文です。

相手の話に対してどのように返事をすればよいかと、
無意識のうちに考えている自分がいたことに気づきました。


みな様はどう思いますか?

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
  自叙伝的な聞き方
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

相手を理解することよりも、自分を中心に話を聞く
ことをコヴィー博士は「自叙伝的な聞き方」と表現しています。


具体的には①評価する、②助言する、③探る、④解釈すると
いった4つで返事を返してしまう方はコヴィー博士のいう
「自叙伝的な聞き方」になっている可能性があります。


ではどのように話を聞き返事をするのが良いのか…

この記事を書いたプロ

赤塚直記

赤塚直記(あかつかなおき)

赤塚直記プロのその他のコンテンツ

Share

赤塚直記プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
053-424-6001

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

赤塚直記

税理士法人BETT あかつか事務所

担当赤塚直記(あかつかなおき)

地図・アクセス

赤塚直記プロのその他のコンテンツ